[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

初日から大会No.1美技候補!? “背面パッシングショット”に喝采「才能ありすぎ」

テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドンは1日、男子シングルス1回戦で世界ランク45位のパブロ・クエバス(ウルグアイ)が同91位のダミル・ジュムール(ボスニア・ヘルツェゴビナ)に4-6、7-6、2-6、6-4、6-2でフルセットの末に勝利した。大会公式が「プレー・オブ・ザ・デイ」として脚光を浴びせているのが、クエバスの見事な背面ルールックウイナーだ。動画で公開するや、瞬く間に大反響。早くも「ショット・オブ・ザ・トーナメント候補だ!」と称賛の声が上がっている。

パブロ・クエバス【写真:Getty Images】
パブロ・クエバス【写真:Getty Images】

33歳クエバスの超絶ショットを大会は初日のベストプレーに認定

 テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドンは1日、男子シングルス1回戦で世界ランク45位のパブロ・クエバス(ウルグアイ)が同91位のダミル・ジュムール(ボスニア・ヘルツェゴビナ)に4-6、7-6、2-6、6-4、6-2でフルセットの末に勝利した。大会公式が「プレー・オブ・ザ・デイ」として脚光を浴びせているのが、クエバスの見事な背面ルールックウイナーだ。動画で公開するや、瞬く間に大反響。早くも「ショット・オブ・ザ・トーナメント候補だ!」と称賛の声が上がっている。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 初日から大会No.1ショット候補が飛び出した。超絶技巧で魅せたのは、アルゼンチンの33歳クエバスだ。

 最終セットの第6ゲーム、自身のサービスからのラリー。クエバスはネットプレーで決めに行くが、相手の巧みなロブで頭上を狙われ後退。一転ピンチに陥った……ように見えた次の瞬間だった。

 背走しながら、ノールックで角度をつけたショット。逆に前に出ていたジュムールの脇を抜く、見事なウイナーを決めたのだ。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集