[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

人はどこまで速く反応できるか…人知超越の0.001秒フライングでルール再考の必要性

陸上の世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)代表選考会を兼ねた日本選手権が27日から4日間、福岡・博多の森陸上競技場で行われ、男子100&200mに出場したサニブラウン・ハキーム(フロリダ大)の出場2大会連続2冠などで大いに盛り上がった。一方、男子110メートル障害では、昨年覇者で日本記録保持者の金井大旺(たいおう・ミズノ)がフライングで失格に。大会連覇、そして自身の持つ日本記録13秒36への挑戦も夢破れる結末となった。

日本記録保持者の金井大旺【写真:奥井隆史】
日本記録保持者の金井大旺【写真:奥井隆史】

男子110m障害・金井大旺が反応速度0.099秒で失格、人間の限界は0.100秒以上が定説

 スプリンターは医学的根拠を超えたのか――。そんな疑問の浮かぶ出来事があった。

【特集】「日本全体にインパクトを」 代表主将が見据える日本ラグビー界の未来 / ラグビー リーチ・マイケル選手(GROWINGへ)

 陸上の世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)代表選考会を兼ねた日本選手権が27日から4日間、福岡・博多の森陸上競技場で行われ、男子100&200mに出場したサニブラウン・ハキーム(フロリダ大)の出場2大会連続2冠などで大いに盛り上がった。一方、男子110メートル障害では、昨年覇者で日本記録保持者の金井大旺(たいおう・ミズノ)がフライングで失格に。大会連覇、そして自身の持つ日本記録13秒36への挑戦も夢破れる結末となった。

 29日の準決勝。静寂を打ち破るピストル音が鳴り響き、選手たちは一斉に飛び出した。だが、一瞬の間を置いて再び号砲が鳴る。誰かがフライングをした。スタンドからはため息が漏れた。複数の競技委員たちが機械を覗き込んで検証。協議を終え、スタート位置に並ぶ選手たちの前に一人の競技委員が歩み寄る。3レーンの古川裕太郎(山形市陸協)が不正スタートに。そして5レーンの金井の前でも、失格を告げるボードが掲げられた。

 驚きを隠せない金井。決して“ヤマカン”ではなく、しっかりと音を聞いて動いた自信があったのだろう。悔しさを押し殺すように頭を掻きながら、曇り空の広がる戦いの舞台を後にした。競技を終えた夜、自身のツイッターで「0.1秒がボーダーですが0.099秒で反応してしまいました。この試合に掛ける思いが強く、本当に悔しいですがまた切り替えて頑張るしかありません」と記している。

 ピストル音から0.1秒以内に反応した場合は不正スタートとなり、スターティングブロックに圧力が加わればセンサーが即座に反応する。金井はピストル音から0.099秒で圧力が加わり、1000分の1秒速く動いてしまった。

 反応速度が0.1秒以内で失格というルールは、人間が音を聞いて体を動かすまで最低でも0.1秒はかかるという医学的根拠から成り立っている。音が耳に入って神経から脳に達し、脳から体の筋肉に指令が伝わる時間。つまり、0.1秒以内に圧力センサーが反応すれば「音を聞く前にスタートした」と判断される。それが人間の限界なのだ。

 トップ選手において、反応速度は0.140秒が良し悪しの基準とされ、0.120秒なら好スタート、0.160秒なら遅いとされるのが相場である。2016年全日本実業団選手権の男子100メートル決勝で、山縣亮太(セイコー)が反応速度0.107秒を記録。“神スタート”と称され、10秒03(追い風0.5メートル)で優勝した。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
FIBAバスケットボールワールドカップ2019 日本代表戦・全試合ライブ中継
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集