[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥は日本人初4階級制覇の井岡一翔をどう見た? 「意識しないということはない」

ボクシングのWBA・IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が25日、横浜市内で会見し、世界ベルト5本をお披露目した。主要4団体(WBA、WBC、IBF、WBO)と権威ある米専門誌「ザ・リング」認定ベルトを合わせた5本を獲得した井上。

横浜市内で会見し、世界ベルト5本をお披露目した井上尚弥【写真:浜田洋平】
横浜市内で会見し、世界ベルト5本をお披露目した井上尚弥【写真:浜田洋平】

日本人史上初5本のベルトを獲得した井上の目に、4階級制覇の井岡はどう映ったのか

 ボクシングのWBA・IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が25日、横浜市内で会見し、世界ベルト5本をお披露目した。主要4団体(WBA、WBC、IBF、WBO)と権威ある米専門誌「ザ・リング」認定ベルトを合わせた5本を獲得した井上。まさにモンスターの異名に相応しい規格外の偉業を達成したが、同じく日本人ボクサー初となる4階級制覇を成し遂げた井岡一翔(Reason大貴)の姿はどう映ったのだろうか――。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 井岡は19日のWBO世界スーパーフライ級王座決定戦でアストン・パリクテ(フィリピン)を10回TKOで沈め、日本人初となる4階級制覇を達成した。井上自身、近い階級のボクサーとしてもちろん結果は気にしていた。

 かつて井上が巻いていたベルトを手にした井岡は、試合後に井上について「何も思わないことはないけど、僕も現役ですし、彼を評価することは失礼だと思いますし、彼は彼で偉大なことをやってるし。でも、何も感じないと言えばそれは嘘になる」とコメントしていた。

 これに対して、井上は「(試合は)観ました。刺激になりますよ。階級も近いですし。誰でも意識しないということはない。井岡さんだけに限らずです」と話し、刺激を受けていた様子だ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集