[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

京口紘人、初防衛成功も…リング上で謝罪「めちゃくちゃおもんない試合でした」

WBA世界ライトフライ級スーパー王者・京口紘人(ワタナベ)が初防衛に成功した。19日の同王座タイトルマッチ12回戦で同級10位タナワット・ナコーン(タイ)に3-0(117-112、117-111、117-111)で判定勝ち。ムエタイ世界王者を返り討ちにし、昨年大晦日にマカオで獲得した世界王座を守り抜いた。

京口紘人がタナワット・ナコーンに判定勝ち【写真:荒川祐史】
京口紘人がタナワット・ナコーンに判定勝ち【写真:荒川祐史】

プロ13戦全勝、昨年大晦日に獲得した王座を防衛

 WBA世界ライトフライ級スーパー王者・京口紘人(ワタナベ)が初防衛に成功した。19日の同王座タイトルマッチ12回戦で同級10位タナワット・ナコーン(タイ)に3-0(117-112、117-111、117-111)で判定勝ち。ムエタイ世界王者を返り討ちにし、昨年大晦日にマカオで獲得した世界王座を守り抜いた。京口の戦績は13勝(9KO)、プロボクシング歴11年のナコーンは11勝1敗。

【特集】「あとはここの波を究めるだけ」全てを知り尽くした海で狙うメダルへの道 / サーフィン 大原洋人選手(GROWINGへ)

 初回、京口はサウスポーの挑戦者に対し、ガードを固めながら体を左右に振って的を絞らせず。得意の左ボディーを突き刺すと、ジャブやアッパーなど多彩な攻めを繰り出した。2回には練習してきた右アッパーに左右のフックも織り交ぜてダメージを与える。3回は相手のジャブを受ける場面もあったが、左ボディーからの右ストレートで反撃。4回にはカウンター気味の右フックをまともに被弾した。

 中盤に入り、リズムに乗り始めたナコーンは、王者の攻撃にも笑みを浮かべて対応。攻め手を欠く京口は、ペースを握り切れない。9回も左ボディーを入れようとするが、うまく距離を取られて外された。10回、コーナーに追い詰めて右ボディー。続けて右ストレートでぐらつかせ、連打でKO勝ちを期待させた。しかし、仕留めきれずに11回に突入。距離を詰めて打撃戦に持ち込む場面もあったが、最終12回も決定打を与えられなかった。

「大変、申し訳ございません。圧倒するって言って、めちゃくちゃおもんない試合でした。自分の中では合格点を与えられず、本当に申し訳ございません。なんとか首の皮一枚つながった。本当に申し訳ございません。まだ大きなこと言えないですけど、統一戦できるようにしたい。(期待を)裏切ったけど、勝てたのは最低限。これからも見守ってください。ありがとうございました!」。リング上のインタビューでは、反省の言葉を並べた。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集