[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

帝王ナダル、ティエムとの“泥だらけの抱擁”にファン感動「美しい写真」「一流だ」

テニスの4大大会・全仏オープンは9日、男子シングルス決勝で世界ランク2位のラファエル・ナダル(スペイン)が同4位のドミニク・ティエム(オーストリア)に6-3、5-7、6-1、6-1で勝利。実に12度目の優勝を飾った。4大大会は通算18勝目で、歴代最多のロジャー・フェデラー(スイス)の20勝にあと2勝に迫った。大会公式は激闘の直後にティエムと抱擁を交わすシーンに脚光。画像を公開すると、「リスペクト」「美しい写真だ」などとファンの感動を誘っている。

自身12度目の全仏オープン優勝を飾ったラファエル・ナダル【写真:Getty Images】
自身12度目の全仏オープン優勝を飾ったラファエル・ナダル【写真:Getty Images】

激闘後の感動的なシーンに反響「2人ともチャンピオンだ」

 テニスの4大大会・全仏オープンは9日、男子シングルス決勝で世界ランク2位のラファエル・ナダル(スペイン)が同4位のドミニク・ティエム(オーストリア)に6-3、5-7、6-1、6-1で勝利し、12度目の優勝を飾った。4大大会は通算18勝目で、歴代最多のロジャー・フェデラー(スイス)の20勝にあと2勝に迫った。大会公式は激闘の直後にティエムと抱擁を交わすシーンに脚光。画像を公開すると「リスペクト」「美しい写真だ」などとファンの感動を誘っている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 やはりナダルの強さは圧倒的だった。第2セットで一度は1-1のタイとなったが、その後の第3、4セットで落としたのは、それぞれ1ゲームずつ。最後はマッチポイントでティエムのリターンがアウトになると、赤土の上に大の字になって喜びに浸った。

 そして、ティエムと健闘を称え合い抱擁。ナダルの黄色のウェアと、右肘は寝転んだ時についた赤土で汚れていたが、それもまた美しい瞬間のエッセンスとなっていた。

「その時…」。大会公式インスタグラムではこうつづり、抱擁シーンを切り取り、画像で公開。現在のクレーの帝王と次世代のクレーキング候補が抱き合う印象的な1枚にファンも感動している様子だ。

「リスペクト」
「美しい写真だ」
「最高の写真」
「両選手とも一流だ」
「なんて試合だ」
「ナダルは人間じゃない」
「2人ともチャンピオンだ」
「2人の信じられないような選手、おめでとう!」

 今年もナダルの圧倒的な強さが際立った全仏。最後は感動的なシーンで2019年のクレーシーズンが閉幕を迎えた。

1 2
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集