[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ゴロフキン、戦慄KOの決定的瞬間が再生140万超 米ファン衝撃「次はお前だカネロ!」

ボクシングの元世界3団体ミドル級統一王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)が8日(日本時間9日)、米ニューヨークで行われた再起戦で衝撃のKO勝利を飾った。スーパーミドル級のノンタイトル12回戦でIBF世界ミドル級8位、WBC15位スティーブ・ロールス(カナダ)に4回2分9秒KO勝ち。約9か月ぶりのリングで見せた“戦慄の左”の瞬間を、スポーツチャンネル「DAZN USA」公式ツイッターが動画付きで投稿し、海外ファンからは「次はお前だカネロ!」「トリプルGが戻ってきた!」と大きな反響を集めている。

4回KO勝ちを収めたゲンナジー・ゴロフキン(右)【写真:Getty Images】
4回KO勝ちを収めたゲンナジー・ゴロフキン(右)【写真:Getty Images】

4回左フックのKO動画が再生140万超「トリプルGが戻ってきた!」

 ボクシングの元世界3団体ミドル級統一王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)が8日(日本時間9日)、米ニューヨークで行われた再起戦で衝撃のKO勝利を飾った。スーパーミドル級のノンタイトル12回戦でIBF世界ミドル級8位、WBC15位スティーブ・ロールス(カナダ)に4回2分9秒KO勝ち。約9か月ぶりのリングで見せた“戦慄の左”の瞬間を、スポーツチャンネル「DAZN USA」公式ツイッターが動画付きで投稿し、海外ファンからは「次はお前だカネロ!」「トリプルGが戻ってきた!」と大きな反響を集めている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 帰ってきたゴロフキンに世界中のファンの鳥肌が立った。戦慄のKOシーンは4回だった。ガードを固める相手に対し、頭上の独特な角度から左を叩き込んだGGG。ふらつく相手に連打で圧力をかけると、無敗世界ランカーは後退するしかない。ゴロフキンがそのままロープに追い込み、最後は接近戦から左フックを振り抜いた。

 数々の敵を葬ってきた拳が火を噴くと、リングサイドの観客も一斉に立ち上がる。ロールスは膝から崩れ落ちて前のめりにダウン。ドミノが倒れるようにキャンパスにひれ伏した。一瞬で大ダメージを負ったロールスの目は、焦点が合っていない。本能で立ち上がろうとしたが、ふらついてロープに右手を伸ばしたところでレフェリーストップとなった。

 戦慄のワンパンチに「DAZN USA」は「ゲンナジー・ゴロフキンが崩し倒す」という文面とともに、衝撃のKO動画を公開。海外ファンからの驚愕するコメントが相次いでいる。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集