[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太を迎え撃つブラント、カネロとの統一戦を熱望「残りのベルトを懸けて」

7月12日にエディオンアリーナ大阪で、ボクシングのWBA世界ミドル級正規王者ロブ・ブラント(米国)と前同級王者・村田諒太(帝拳)が再戦する。昨年10月に米ラスベガスで村田に挑戦し、3-0判定の完勝で王座奪取に成功したブラントにとって2度目の防衛戦。

ボクシングのWBA世界ミドル級正規王者ロブ・ブラント【写真:Getty Images】
ボクシングのWBA世界ミドル級正規王者ロブ・ブラント【写真:Getty Images】

「ムラタは嫌いじゃない」と強調も、望むのはカネロとの統一戦

 7月12日にエディオンアリーナ大阪で、ボクシングのWBA世界ミドル級正規王者ロブ・ブラント(米国)と前同級王者・村田諒太(帝拳)が再戦する。昨年10月に米ラスベガスで村田に挑戦し、3-0判定の完勝で王座奪取に成功したブラントにとって2度目の防衛戦。2月に初防衛に成功した王者は、村田に2連勝した後、カネロこと同級3団体統一王者のサウル・アルバレス(メキシコ)との統一戦を希望している意向を明かしている。米メディア「ラスベガススポーツネットワーク」が動画で伝えている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 ラスベガスで世界王者の夢をつかんで7か月半。ブラントが新たな構想を語った。それはミドル級で3つのチャンピオンベルトを持つカネロとの統一戦だ。ミドル級の最強王者は、5月4日にIBF王者ダニエル・ジェイコブス(米国)との3団体統一戦で判定勝利。ブラントはこの試合の印象とともに、村田についても同メディアのインタビューで語っている。

「ダニエル・ジェイコブズはパワーを兼ね備えた、素晴らしいアウトサイドボクサーとして有名。彼(の動き)は良く見えた。無敵の選手はいない。100%、私が望んでいるのは、残りのベルトを懸けてカネロと戦うことだ」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集