[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

10年前に起きていた奇跡― 伝説の“ビリヤードエース”に甦る米興奮「衝撃的だ」

米男子ゴルフのカナディアン・オープンが6日に幕を開ける。前年覇者のダスティン・ジョンソン(米国)ら名手がズラリと揃うが、PGAツアーは10年前の大会で起きた奇跡のショットをクローズアップ。先に打った選手のボールに当たってコースが変わり、ホールインワンを達成するという伝説ショットを動画付きで公開し、米ファンは「衝撃的だ」「これは凄い」「史上最も信じ難い出来事だ」など興奮を甦らせている。

リーフ・オルソン【写真:Getty Images】
リーフ・オルソン【写真:Getty Images】

今日開幕カナディアンOP、09年大会に起きた奇跡にPGA脚光「エース…アシストで」

 米男子ゴルフのカナディアン・オープンが6日に幕を開ける。前年覇者のダスティン・ジョンソン(米国)ら名手がズラリと揃うが、PGAツアーは10年前の大会で起きた奇跡のショットをクローズアップ。先に打った選手のボールに当たってコースが変わり、ホールインワンを達成するという伝説ショットを動画付きで公開し、米ファンは「衝撃的だ」「これは凄い」「史上最も信じ難い出来事だ」など興奮を甦らせている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 カナディアン・オープンといえば、このシーンだろう。2009年にゴルフファンの語り草となるプレーを演じたのは、リーフ・オルソン(米国)だ。初日の13番パー3。打ち下ろしの132ヤードでオルソンはアイアンを振り抜くと、グリーン上のピン奥5メートルの地点へ。バックスピンをかけたボールはコロコロと戻り始めたが、ピン左方向へ逸れた。

 しかし、進行方向にあったのが、先に打った選手のボールだった。転がり続けたボールは次の瞬間、信じられないことを起こした。勢い良くぶつかったオルソンのボールは、まるでビリヤードのように急激に進路がピン方向に変わって一直線。思わず、実況が驚きの笑いを上がる中、2メートルほど転がると、そのままカップインしてしまったのだ。

 一気にコース上は熱狂。様子を見守っていたオルソンはバンザイをするように両手を挙げるとアイアンをポトリと落とし、飛び付いてきたキャディーと抱擁。頭を抱え、自らに降り注いだ奇跡を受け止めきれないようだった。PGAツアー公式インスタグラムは「エース……アシストで」と実際のシーンを動画付きで公開し、ファンに興奮を甦らせた。

 コメント欄は「これもホールインワンとして記録される?」「自分にも起きてほしい」「こんなの自分には絶対起こらない」「友情のゴール」「史上最も信じ難い出来事だ」「これは凄い」「非現実的だ」「まさか」「初めて見た」「衝撃的だ」などの声が続々。あれからちょうど10年が経つ今年、あっと驚くようなショットは生まれるだろうか。

1 2
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集