[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織、完敗の裏で得た“次への気づき” 心境変えた降雨中断「ちょっと光が見えた」

テニスの4大大会・全仏オープン(テレビ東京系で地上波独占放送)は4日、男子シングルス準々決勝が行われ、第7シードで世界ランク7位の錦織圭(日清食品)が同2位のラファエル・ナダルと対戦。全仏12度目の優勝を狙う“クレーコートの帝王”を相手に死力を尽くしたが、1-6、1-6、3-6とストレート負けを喫した。第3セット途中で降雨中断を挟んだ1時間51分の戦いを終え、試合後は「出し切ったのは出し切った。満足ではないですけど。これが今週の、今日の限界だったのかな」と振り返った。

ナダルに完敗を喫した錦織【写真:Getty Images】
ナダルに完敗を喫した錦織【写真:Getty Images】

タンクは「15とか20くらい」、それでも「最後はもうちょっとやりたかった」

 テニスの4大大会・全仏オープン(テレビ東京系で地上波独占放送)は4日、男子シングルス準々決勝が行われ、第7シードで世界ランク7位の錦織圭(日清食品)が同2位のラファエル・ナダルと対戦。全仏12度目の優勝を狙う“クレーコートの帝王”を相手に死力を尽くしたが、1-6、1-6、3-6とストレート負けを喫した。第3セット途中で降雨中断を挟んだ1時間51分の戦いを終え、試合後は「出し切ったのは出し切った。満足ではないですけど。これが今週の、今日の限界だったのかな」と振り返った。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手 西村拳選手インタビュー(GROWINGへ)

 錦織は3回戦のジェレ戦、4回戦のペール戦と2戦連続フルセットを勝ち抜いた。さらに、直前のペール戦は日没サスペンデッドで2日がかりとなり、ベスト8進出を決めてから準々決勝開始まではわずか24時間余り。一方、ナダルはここまで全仏で90勝2敗と圧倒的な成績を誇り、今大会も1セットしか落とさず勝ち上がってきた。

 この日、両者の状態に大きな差があったのは、入場時から明らかだった。足取りが重い錦織と、軽快にステップを踏むナダル。満タン時に100を指すスタミナタンクは「15とか20くらいだったかなと思う」という錦織に対し、クレーの王者は最初から真っ向勝負を挑んだ。

 第1セットの第2ゲームをいきなりブレークされた錦織は、第4ゲームこそキープしたが、第6ゲームも失って、あっさり1-6で落とした。第2セットは第2ゲームをブレークされた直後、第3ゲームをブレークバックするも、自身のサービスゲームは4つすべて献上。再び1-6で奪われた。

 途中、思うように足が動かなかったり、エンド交代の際に手から落としたタオルをようやく拾い上げたり。まったく手を緩めないナダルのプレーに「飲み込まれたところがあった」。身体が動かずに思うようなプレーができず「フラストレーションがすごく溜まっていた」のと同時に、「最初の2セットは、ぶっちゃけコート上にいるのが辛かった」と素直な気持ちを吐露した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
南米各国代表も、日本代表も、全試合DAZN独占 COPA AMERICA BRASIL 2019
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集