[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織に無慈悲勝ち「自分の仕事したまで」 ナダルは「世界7番目に危険な選手」と敬意

テニスの4大大会・全仏オープン(テレビ東京系で地上波独占放送)は4日、男子シングルス準々決勝が行われ、第2シードで世界ランク2位のラファエル・ナダル(スペイン)が同7位の錦織圭(日清食品)に6-1、6-1、6-3と圧倒的なストレート勝ちを収めた。途中、約1時間の降雨中断を挟んだが好調を維持。序盤から錦織を攻め立て「ケイを相手にポジティブな試合ができた」とご機嫌だった。7日に行われる準決勝では、ロジャー・フェデラー(スイス)と対戦する。

錦織(左)を下して握手を交わすナダル【写真:Getty Images】
錦織(左)を下して握手を交わすナダル【写真:Getty Images】

「彼はいつだって非常にいい選手」と錦織称賛、準決でフェデラーと激突へ

 テニスの4大大会・全仏オープン(テレビ東京系で地上波独占放送)は4日、男子シングルス準々決勝が行われ、第2シードで世界ランク2位のラファエル・ナダル(スペイン)が同7位の錦織圭(日清食品)に6-1、6-1、6-3と圧倒的なストレート勝ちを収めた。途中、約1時間の降雨中断を挟んだが好調を維持。序盤から錦織を攻め立て「ケイを相手にポジティブな試合ができた」とご機嫌だった。7日に行われる準決勝では、ロジャー・フェデラー(スイス)と対戦する。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 3日に33歳の誕生日を迎えたばかりの“クレーコートの帝王”が、錦織の前に立ちはだかった。2試合連続でフルセットにもつれ込み、ギリギリの体力で準々決勝に臨んだ錦織を相手に真っ向勝負。第1セットから攻撃の手を緩めることなく、力強いショットからネット際のドロップショットまで、ありとあらゆる手で攻めた。第3セットの第6ゲームを終え、4-2とリードしている場面で、約1時間の降雨中断を挟んだが、再開後もペースをみ出すことなく、1時間51分で試合を終わらせた。

 ナダルは試合後、「この大会中、ケイの方が僕よりたくさんテニスをしている」と錦織が体力的なダメージを負っていたことに言及したが、「僕は自分のやるべきことをしっかり果たしただけ。今日はボールにキレがあった。ただ自分の仕事をしたまでさ」と涼しい顔。完膚なきまでに叩きのめした相手でも「彼はいつだって非常にいい選手。これまでたくさんの強敵を倒し、今でも素晴らしい選手に勝利を収めている」と褒め、「僕にとってはみんなデンジャラス。ケイは世界7位なんだから、世界で7番目にデンジャラスな選手だ」と隙を見せなかった。

 大会記録を更新する12度目の全仏制覇を狙うが、準決勝では強敵フェデラーと激突する。これまで数々の名勝負を繰り広げてきた2人。ナダルは「ロジャーとの対戦は常にビッグマッチになる。最高レベルのテニスで戦わなければならない。僕は今もいいテニスをしていると思うけど、彼の前では本当にいいプレーをしないとね」と笑顔を見せた。7日の準決勝で最後に笑うのはどちらか。全世界のテニスファンが心待ちにしている。

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信

インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集