[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

死闘の錦織、足りない睡眠を払拭 重要な試合中の目の開き「本当は8、9時間と寝たい」

テニスの4大大会・全仏オープン(テレビ東京系で地上波独占放送)は3日、男子シングルス4回戦が行われ、第7シードで世界ランク7位の錦織圭(日清食品)は同38位のブノワ・ペール(フランス)との2日がかり、3時間55分の死闘に競り勝った。これで2試合連続フルセットの勝利。だが、同じフルセットの勝利でも、そこには大きな違いがあった。

全仏4回戦で3時間55分の死闘に勝った錦織圭【写真:AP】
全仏4回戦で3時間55分の死闘に勝った錦織圭【写真:AP】

2戦連続フルセットに感じた差「あの時みたいな安心感は全くなかった」

 テニスの4大大会・全仏オープン(テレビ東京系で地上波独占放送)は3日、男子シングルス4回戦が行われ、第7シードで世界ランク7位の錦織圭(日清食品)は同38位のブノワ・ペール(フランス)との2日がかり、3時間55分の死闘に競り勝った。これで2試合連続フルセットの勝利。だが、同じフルセットの勝利でも、そこには大きな違いがあった。

【PR】コパ・アメリカは「DAZN」独占配信! いまなら2か月無料キャンペーン実施中!

 2戦連続で薄氷を踏む勝利となった。前日に第3セットを終え、2-1とリードしたところで日没サスペンデッド。この日、準センターコート第2試合として再開された試合では、第4セットをタイブレークの末に落とし、第5セットも3-5と追い込まれた。

「本当に気力で最後の方は戦っていたので、正直、あんまりファイナルセットは勝てるとは思っていなかったですね」

 そう振り返ったが、3-5で迎えた第9ゲームを絶妙なハーフボレーを繰り出しながらブレークすると、その後も3ゲーム連取して、2年ぶり3度目の準々決勝進出を決めた。

 3回戦のラスロ・ジェレ(セルビア)戦もフルセットで奪った勝利だったが、その時は「自分のプレーを続けていればチャンスが来るだろう」と思っていた。だが、この日は「あの時みたいな安心感は全くなかった」と振り返る。

「彼(ペール)のサーブもいいので、ファーストサーブを連続して入られるとほぼチャンスはない。プラス自分のサービスゲームにも不安はありましたし、ブレークされてからは居心地はあまり良くなかったですね」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
今なら特設サイトからDAZN加入で2か月無料!
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集