[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織、2日がかりのフルセット 3時間55分死闘制して放心「なんと言えばいいのか…」

テニスの4大大会・全仏オープン(テレビ東京系で地上波独占放送)は3日、男子シングルス4回戦が行われ、第7シードで世界ランク7位の錦織圭(日清食品)が3-2で準々決勝進出を決めた。同38位のブノワ・ペール(フランス)と対戦。2日に6-2、6-7(8-10)、6-2となったところで日没サスペンデッドとなり、この日に持ち越されていたが、第4セットから再開。6-7(8-10)、7-5で勝利し、2年ぶり3度目の8強入り。

錦織圭が準々決勝進出を決める【写真:Getty Images】
錦織圭が準々決勝進出を決める【写真:Getty Images】

オンコートインタビューでは相手を称え「今日は素晴らしい試合でした」

 テニスの4大大会・全仏オープン(テレビ東京系で地上波独占放送)は3日、男子シングルス4回戦が行われ、第7シードで世界ランク7位の錦織圭(日清食品)が3-2で準々決勝進出を決めた。同38位のブノワ・ペール(フランス)と対戦。2日に6-2、6-7(8-10)、6-2となったところで日没サスペンデッドとなり、この日に持ち越されていたが、第4セットから再開。6-7(8-10)、7-5で勝利し、2年ぶり3度目の8強入り。次戦では世界ランク2位のラファエル・ナダル(スペイン)と対戦する。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 錦織の勝利まであと1セットの状態で第4セットから再開。タイブレークとなり、2度のマッチポイントを迎えたが決め切れず、このセットを落とし第5セットへ突入した。

 運命の最終セットも第4ゲームで先にブレークされたが、ここから錦織が粘る。第7ゲームでブレークバックに成功。続く第8ゲームでブレークされ、3-5と土壇場に追い込まれたが、第9ゲームで再びブレークし返し、第11ゲームでもペールのミスをついて連続でブレーク。ついに6-5と逆転。

 そしてサービング・フォー・ザ・マッチをキープし、2日がかりの3時間55分の死闘は驚異の粘りを発揮した錦織に軍配が上がった。準々決勝でのクレーの“帝王”ナダルとの対決が実現する。

 試合後のコート上でのインタビューでは英語で「なんと言えばいいのかわかりません。彼も勝利寸前までいっていた。1ポイント1ポイントに集中してプレーしました。何とか勝ち抜けることができましたが、彼には脱帽です。今日は素晴らしい試合でした」と振り返り、ナダルとの次戦については「タフな試合になるでしょう。彼は素晴らしいプレーヤー、かつクレーではベストの1人。今日のようないい試合をしたいです」と意気込みを口にした。

(THE ANSWER編集部)

プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信

インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集