[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織、2年ぶりの8強入り 2日がかりのフルセット激戦制し、ナダルとの準々決勝へ

テニスの4大大会・全仏オープン(テレビ東京系で地上波独占放送)は3日、男子シングルス4回戦が行われ、第7シードで世界ランク7位の錦織圭(日清食品)が3-2で準々決勝進出を決めた。同38位のブノワ・ペール(フランス)と対戦。2日に6-2、6-7(8-10)、6-2となったところで日没サスペンデッドとなり、この日に持ち越されていたが、第4セットから再開。6-7(8-10)、7-5で勝利し、2年ぶり3度目の8強入り。

錦織圭が8強入りを果たす【写真:Getty Images】
錦織圭が8強入りを果たす【写真:Getty Images】

全仏オープン4回戦、ペールとの2日がかりの熱戦制す

 テニスの4大大会・全仏オープン(テレビ東京系で地上波独占放送)は3日、男子シングルス4回戦が行われ、第7シードで世界ランク7位の錦織圭(日清食品)が3-2で準々決勝進出を決めた。同38位のブノワ・ペール(フランス)と対戦。2日に6-2、6-7(8-10)、6-2となったところで日没サスペンデッドとなり、この日に持ち越されていたが、第4セットから再開。6-7(8-10)、7-5で勝利し、2年ぶり3度目の8強入り。次戦では世界ランク2位のラファエル・ナダル(スペイン)と対戦する。

【PR】コパ・アメリカは「DAZN」独占配信! いまなら2か月無料キャンペーン実施中!

 錦織の勝利まであと1セットの状態で再開。時折小雨が降り、気温は前日から10度以上低いコンディション。状況が大きく変わる中で、苦しい展開を強いられることになった。

 地元のペールへ大声援が送られる完全アウェーの状況で、第3ゲームで先にブレークを許す。それでも錦織が第8ゲームで強烈なバックハンドウイナーを叩き込み、ブレークバックに成功。ゲームカウント4-4に戻した。

 第4セットはタイブレークへ。2度のマッチポイントで決め切れず、このセットを落とし勝敗は最終セットへ突入した。

 運命の最終セットも第4ゲームで先にブレークされたが、ここから錦織が粘る。第7ゲームでブレークバックに成功。続く第8ゲームでブレークされ、土壇場に追い込まれたが、再びブレークし返し、第11ゲームでも連続でブレーク。2日がかりの熱戦は驚異の粘りを発揮した錦織に軍配が上がった。準々決勝でのクレーの“帝王”ナダルとの対決が実現する。

(THE ANSWER編集部)

今なら特設サイトからDAZN加入で2か月無料!

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
今なら特設サイトからDAZN加入で2か月無料!
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集