[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、WBSSで沸騰した評価 主催者「当初は“良いパンチャー”の認識だったが…」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOで下したWBA王者・井上尚弥(大橋)。欧州初上陸戦で圧倒的な強さを示したが、WBSSのプロモーターを務めるカレ・ザワーランド氏は「今や良いパンチャーから、パウンド・フォー・パウンドの1位に名前を挙がる存在になった」と称賛。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

ザワーランド氏がWBSS2年目を評価「今もアメージングな物語が生まれている」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOで下したWBA王者・井上尚弥(大橋)。欧州初上陸戦で圧倒的な強さを示したが、WBSSのプロモーターを務めるカレ・ザワーランド氏は「今や良いパンチャーから、パウンド・フォー・パウンドの1位に名前を挙がる存在になった」と称賛。世界一決定戦参加でモンスターブランドを高めたと分析している。米ボクシング誌「リング」が報じている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 今年で第2回を迎えたWBSS。ボクシング界の“世界最強決定戦”と言われる大会で、主役級の躍動を見せているのが井上だ。

 昨年10月の元WBA世界スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)をわずか70秒で失神させると、事実上の決勝と呼ばれた無敗王者ロドリゲス相手には2ラウンド目にギアを上げ、猛ラッシュ。3度ダウンを奪い、5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)の待つ決勝に駆け上がった。昨年も王者同士の好勝負で話題を呼んだが、ザワーランド氏はこう語ったという。

「2年目も変わらない。今もアメージングな物語が生まれている。イノウエがこの大会に参加当時は、人々はいいパンチャーという認識だった。今や良いパンチャーから、何人かの人々がPFP1位に名前を挙げるような存在になったんだ」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集