[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、WBSSで沸騰した評価 主催者「当初は“良いパンチャー”の認識だったが…」

WBSSの意義は「世界にそのファイターが最強と知らしめるプラットフォームだ」

 注目の舞台で過去にダウン経験のないロドリゲス、そして、KO負け初体験となったパヤノを圧倒した井上は、ハードパンチャーの枠を越え、PFPトップを伺う存在として国際的な認知度を高めたとザワーランド氏は分析している。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

「それがこの大会の存在意義なんだ。世界にそのファイターが最強と知らしめるプラットフォームだ。大会も評価に値するが、参加するリスクを負い、最強と戦うボクサーにこそ評価が必要なんだ」

 ザワーランド氏はこうも語ったという。スーパーフライ級時代の井上は対戦相手に逃げられ、統一戦が実現しないという王者の悲哀を味わった。真の階級最強の称号を手にするため、猛者との対決を厭わないファイターの闘争心も評価していた。

 大会を通じて、国際的な名声を高めることに成功したモンスター。そして、戦慄のKOマシーンをシーズン2の主役にできたWBSS。まさに相思相愛の関係と言えそうだ。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集