[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織、ツォンガ逆転撃破の裏で残った手応え「自信持ってどのショットも打てている」

テニスの4大大会・全仏オープン(テレビ東京系で地上波独占放送)は大会4日目の29日、男子シングルス2回戦が行われ、第7シードの錦織圭(日清食品)は世界ランク82位のジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)に4-6、6-4、6-4、6-4で逆転勝ちし、2回戦突破を決めた。1回戦に続き、地元フランスの選手と対戦。完全アウェーのセンターコートで第1セットを落としたが、焦ることなく5年連続の3回戦進出を決めた。

ツォンガ(左)を破り握手を交わす錦織【写真:Getty Images】
ツォンガ(左)を破り握手を交わす錦織【写真:Getty Images】

5年連続3回戦進出、第3セットで相手ミス逃さず「このチャンスを絶対に生かそうと」

 テニスの4大大会・全仏オープン(テレビ東京系で地上波独占放送)は大会4日目の29日、男子シングルス2回戦が行われ、第7シードの錦織圭(日清食品)は世界ランク82位のジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)に4-6、6-4、6-4、6-4で逆転勝ちし、2回戦突破を決めた。1回戦に続き、地元フランスの選手と対戦。完全アウェーのセンターコートで第1セットを落としたが、焦ることなく5年連続の3回戦進出を決めた。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 錦織にとって、2015年全仏の準々決勝でフルセットの末に敗れた相手。第1セットでは、ツォンガを応援する会場の雰囲気に「やりやすくはない。集中するのは簡単ではないですね」と乱された。さらに、高い打点から放たれる時速200キロ超のサーブで7本エースを決められるなどパワーに押される場面もあったが、冷静さは失わず。相手のミスに乗じて勝負に出た。

 セットオールで迎えた第3セット、先にブレークを許して0-2で迎えた第3ゲームだった。錦織が40-30でブレークポイントを握る中、ツォンガは第1サーブを25秒の規定時間内に打てずフォルトとされた。「このチャンスを絶対に生かそうという気持ちはあった」という錦織は、第2サーブに狙いを定めてリターンエース。「リスクは取りましたけど、思い切りいった結果がポジティブな結果につながった」とブレークバックに成功し、このセットを奪った。

 第4セットも第2ゲームで先にブレークを許し、「自分の中でそこが今日一番の反省点」。だが、0-3とリードされても「リターンゲームは今日はすごくチャンスが多かったので、どこかでチャンスは来ると思っていた」と、第6ゲームからは一方的な展開に持ち込み、勝利に繋げた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集