[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

始球式で「これは酷い」と話題呼んだ理由は? 米笑撃「サイ・ヤング賞がここに…」

米大リーグで始球式に登場した女性がマウンド近くのカメラマンにぶつけてしまうという珍事が発生。実際のシーンをMLBが動画付きで公開し、再生回数は90万回を突破するなど「史上最低の始球式(笑)」「こりゃ酷い(笑)」と話題を呼んでいる。

笑劇の始球式が話題に(写真はスクリーンショット)
笑劇の始球式が話題に(写真はスクリーンショット)

Wソックス戦で珍事、米ファン「史上最低の始球式(笑)」

 米大リーグで始球式に登場した女性がマウンド近くのカメラマンにぶつけてしまうという珍事が発生。実際のシーンをMLBが動画付きで公開し、再生回数は90万回を突破するなど「史上最低の始球式(笑)」「こりゃ酷い(笑)」と話題を呼んでいる。

【PR】コパ・アメリカは「DAZN」独占配信! いまなら2か月無料キャンペーン実施中!

 珍プレーが起きやすい始球式にあって、なかなかお目にかかれるシーンではない。28日(日本時間29日)に行われたホワイトソックス―ロイヤルズ戦前の一幕。ホワイトソックスの月間最優秀職員の女性が大役を務めた。マウンドに立ち、捕手に向かってクイック気味に右腕を振った次の瞬間だった。

 なんと、白球はマウンド前方のやや一塁寄りで撮影していたカメラマンに直撃してしまったのだ。女性は「やってしまった」と言わんばかりにマウンド上で体を反らして顔を押さえたが、捕手を務めた選手も大笑い。何よりも当てられたカメラマン自身もなんとも言えない表情で笑みを浮かべていた。

 MLB公式インスタグラムは「いつでも動けるようにしておかないとね」とカメラマンに対するユーモアを交え、実際のシーンを動画付きで公開。目の当たりにした米ファンもコメント欄で笑いを堪えきれない様子だ。

「史上最低の始球式(笑)」
「こりゃ酷い(笑)」
「ちょっと外側だったね」
「ホワイトソックスの投手陣よりもマシ」
「よくわかんないけど、ストライクに見えるよ」
「一体どうやったらあんなことできるんだ」
「カーショーのプレーオフ状態」
「サイ・ヤング賞受賞者がここに」

 このように大盛り上がりでコメントが投げかけられ、再生回数が90万回を突破するなど話題を呼んでいた。女性にとって栄えある大舞台は納得いくものではなかったが、多くのファンの脳裏に刻まれることになった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
今なら特設サイトからDAZN加入で2か月無料!
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集