[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

楢崎智亜が貫禄の複合JC連覇 「今回の優勝が凄く自信になった」と語ったワケ

スポーツクライミング世界選手権(8月・八王子)の代表選考会を兼ねた複合ジャパンカップ(愛媛・石鎚クライミングパークSAIJO)は26日、男子決勝で楢崎智亜(TEAM au)が連覇を達成。2位に原田海(日新火災)、3位に藤井快(TEAM au)が入った。

大会連覇を達成した楢崎智亜【写真:荒川祐史】
大会連覇を達成した楢崎智亜【写真:荒川祐史】

日本男子のエースが感じる日本のハイレベル化「特にボルダリングとスピード」

 スポーツクライミング世界選手権(8月・八王子)の代表選考会を兼ねた複合ジャパンカップ(愛媛・石鎚クライミングパークSAIJO)は26日、男子決勝で楢崎智亜(TEAM au)が連覇を達成。2位に原田海(日新火災)、3位に藤井快(TEAM au)が入った。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手 西村拳選手インタビュー(GROWINGへ)

 楢崎智が貫禄を示した。ノックアウト方式で行われた1種目めのスピード、藤井との決勝で6秒291の日本新記録をマークして1位に。2種目めのボルダリングは3位、3種目めのリードで2位と安定感を示し、第1回大会に続く連覇を達成。「今回の優勝はとてもうれしい。凄く自信になった」と語ったが、その理由には日本のハイレベル化がある。

「レベルは全体的に上がっている。特にボルダリングとスピード。スピードは持ちタイムをみんな更新して、大会を経験して勝負強さのある選手が出てきた」。今大会も22歳の楢崎智よりさらに下の世代の20歳・原田が2位、18歳・土肥圭太(鹿児島県連盟)が4位と新星が続々台頭し、競争が激化する中で結果を残したことに手応えを掴んだ。

 今大会で大目標の世界選手権代表も内定させた。8月の大一番で東京五輪の代表切符が決まる可能性もある。日本男子を牽引する22歳は「今までやってきたことが間違いではない。これを自信をもって続けていきたい」と決意を新たにし、視線を夏に向けた。

(THE ANSWER編集部)

南米各国代表も、日本代表も、全試合DAZN独占

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
南米各国代表も、日本代表も、全試合DAZN独占 COPA AMERICA BRASIL 2019
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集