[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織、完全アウェーの中で初戦突破! 地元フランスの世界153位にストレート勝ち

テニスの4大大会、全仏オープンは26日、男子シングルス1回戦で世界ランク7位の錦織圭(日清食品)が同153位のカンタン・アリス(フランス)と対戦。6-2、6-3、6-4のストレートで下し、5年連続で2回戦に進んだ。

初戦をストレートで勝利した錦織圭【写真:AP】
初戦をストレートで勝利した錦織圭【写真:AP】

男子シングルス1回戦、世界153位のアリスにストレートで勝利

 テニスの4大大会、全仏オープンは26日、男子シングルス1回戦で世界ランク7位の錦織圭(日清食品)が同153位のカンタン・アリス(フランス)と対戦。6-2、6-3、6-4のストレートで下し、5年連続で2回戦に進んだ。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 地元フランスの新鋭として期待されている22歳のアリスとは初対戦だったが、第1セットはキャリアの違いを見せつけた。第1ゲームでいきなりブレークに成功。第3ゲームでもブレークし、4ゲーム連取。このセットは6-2で先取した。

 第2セットも第1ゲームでブレークすると、サーブが安定しない相手に対して有利に進める展開。第5ゲームでもブレークした。サービング・フォー・ザ・セットの第8ゲームでこの試合初めてブレークを許したが、続く第9ゲームで再びブレークし、6-3で2セットを連取した。

 だが、第3セットに入り地元の声援に後押しされ、アリスがリズムに乗り始める。第1ゲームで先にブレークを許す展開。それでも第6ゲームでブレークバックに成功。第7、8ゲームとブレーク合戦となったが、最後は第10ゲームもブレークして逆転でものにした。ストレートで2回戦にコマを進めた。

 試合後のインタビューでは「1、2セット目は完璧でした。相手のミスもありましたが、いいプレーができていた。3セットは自分から重い球を打って、攻められないようにしました。次もタフな試合になると思います。しっかり休んで水曜の試合に臨みたいと思います」と次戦への意気込みを口にした。

 全仏オープンテニス2019はテレビ東京で地上波独占放送されている。

【錦織の過去の全仏オープンの結果】
2018年 4回戦
2017年 8強
2016年 4回戦
2015年 8強
2014年 1回戦
2013年 4回戦
2011年 2回戦
2010年 2回戦
2008年 予選

※2009、12年は不出場

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集