[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

野中生萌が複合JC初女王 「東京五輪も金メダル狙っていく」宣言に会場喝采

スポーツクライミング世界選手権(8月・八王子)の代表選考会を兼ねた複合ジャパンカップ(愛媛・石鎚クライミングパークSAIJO)は26日、女子決勝で野中生萌(XFLAG)が初優勝。2位に前回女王の野口啓代(TEAM au)、3位に森秋彩(つくば開成高)が入った。

初優勝を飾った野中生萌【写真:荒川祐史】
初優勝を飾った野中生萌【写真:荒川祐史】

スピード&ボルダリングで1位、前回女王・野口啓代ら抑える

 スポーツクライミング世界選手権(8月・八王子)の代表選考会を兼ねた複合ジャパンカップ(愛媛・石鎚クライミングパークSAIJO)は26日、女子決勝で野中生萌(XFLAG)が初優勝。2位に前回女王の野口啓代(TEAM au)、3位に森秋彩(つくば開成高)が入った。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 らしさを存分に発揮し、野中が女王の座に就いた。1種目めのスピードは倉菜々子(ウィルスタッフ)との決勝を制して1位となると、続くボルダリングもライバル野口を2位に抑えて首位。リードは疲れも出て7位となったが、得意の2種目で奪った1位を利して初優勝を飾った。「ホントに嬉しい。ここのところの大会は自分の中で決めきれない感覚があったので」と喜びを爆発させた。

 持ち味は「ダイナミックさ」と言う。「他の女子選手と比べると、下半身の出力が高い。上半身にも限界があるので、そこで一瞬のパワーやスピードが出せる」と事故分析。総合力が問われるコンバインドで、自分の強さを存分に発揮したことが勝因となった。野中は「スピードでしっかり実力を出して、ボルダリングでしっかり決められた」と手応えを掴んだ様子で振り返った。

 8月には東京五輪代表切符もかかる世界選手権が行われる。3月に左肩を故障し、一時は不安もよぎったというが、復活をアピール。試合後の場内インタビューでは「世界選手権で金メダルを狙い、五輪も金メダルを狙い、頑張っていきたい」と宣言し、詰めかけたファンから大きな喝采を浴びていた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集