[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

20歳芝田沙季、豪州OP8強進出 日本人対決に勝利 早田、加藤は2回戦敗退

卓球のオーストラリアオープンは5日、女子シングルス2回戦が行われ、世界ランク53位の芝田沙季(ミキハウス)が同42位の浜本由惟(エリートアカデミー)との日本人対決を制し、8強進出を果たした。

オーストラリアOP女子単2回戦、前日大金星の芝田は浜本にストレート勝ち

 卓球のオーストラリアオープンは5日、女子シングルス2回戦が行われ、世界ランク53位の芝田沙季(ミキハウス)が同42位の浜本由惟(エリートアカデミー)との日本人対決を制し、8強進出を果たした。

 前日に世界ランク6位のフォン・ティエンウェイ(シンガポール)を破る大金星を挙げた芝田は、浜本相手に第1、2ゲームを11-8、11-4と連取すると、そのまま11-3、11-5と怒涛の4ゲーム連続奪取。ストレート勝ちでベスト8に駒を進めた。

 四天王寺高から昨年ミキハウスに入社した20歳は今大会、U-21の部で優勝。勢いに乗り、シニアの部に挑んでいたが、昨年に8強入りした相性のいい大会で大金星を挙げてみせた。さらなる快進撃に注目が集まりそうだ。

 17歳の塩見真希(四天王寺高)は、世界ランク53位のチェ・ヒョジュ(韓国)に4-1で勝利した。

 一方、加藤美優(日本ペイントホールディングス)は世界ランク2位の朱雨玲(中国)、早田ひな(希望が丘高)は同4位の陳夢(中国)に0-4で完敗。前田美優(日本生命)も張薔(中国)に1-4で逆転負けを喫し、橋本帆乃香(四天王寺高)は接戦の末にグ・ユティン(中国)に2-4で敗退と中国勢に屈した。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集