[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

血は争えない!? スアレス愛息が父に“噛みつき再現”で騒然「キエリーニ事件真似る」

海外サッカー、スペインリーグ1部バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスといえば、高い決定力ともう一つ“噛みつき”でも知られる。そんな男に抱っこされた生後6か月の愛息が試合後、父に向かって噛みつくような仕草を見せた、なんとも可愛らしいシーンが話題に。海外記者が実際のシーンを画像付きで公開すると、「遺伝子は決して嘘をつかない」「DNA鑑定は不要…」「この親にしてこの子あり」と喝采を浴びている。

ルイス・スアレス【写真:Getty Images】
ルイス・スアレス【写真:Getty Images】

生後6か月の愛息が父の肩を噛む仕草が話題に…海外ファン「DNA鑑定は不要…」

 海外サッカー、スペインリーグ1部バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスといえば、高い決定力ともう一つ“噛みつき”でも知られる。そんな男に抱っこされた生後6か月の愛息が試合後、父に向かって噛みつくような仕草を見せた、なんとも可愛らしいシーンが話題に。海外記者が実際のシーンを画像付きで公開すると、「遺伝子は決して嘘をつかない」「DNA鑑定は不要…」「この親にしてこの子あり」と喝采を浴びている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 血は争えないのか。なんとも可愛らしいシーンで話題を呼んだのは27日に行われたレバンテ戦、1-0で勝利してリーグ優勝を決めた試合後だった。ピッチ上で生後6か月のラウタロ君を抱き、サポーターの声援に応えるスアレス。微笑ましいシーンに見えたが、肩に抱かれた愛息が思わぬ仕草を見せた。

 大きく口を開け、父の右肩あたりに噛みつくようなポーズ。何かご機嫌斜めになることがあったのか表情は険しいが、愛くるしいシーンとなっていた。ただ、スアレスといえば、過去に相手選手に噛みつき行為が波紋を呼んだこともあり、決定的瞬間を捉えた場面が大きな反響を呼ぶことになった。

 スペイン在住のサッカージャーナリスト、リク・シャルマ氏は自身のツイッターで実際のシーンを画像付きで公開。「スアレス家の末っ子、早くもスタート」とつづると、目の当たりにした海外ファンも大盛り上がりだ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集