[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

激しく交錯も… 米最強左腕の“ハッスル一塁カバー”に米賛否「これは許されるのか」

米大リーグ・ドジャースのクレイトン・カーショー投手が27日(日本時間28日)、本拠地パイレーツ戦に先発し、7回1失点の好投で今季初勝利を挙げた。8三振を奪った快投もさることながら、2回に演じた“気迫のスライディングベースカバー”が話題に。

一塁で走者と交錯したドジャースのクレイトン・カーショー【写真:Getty Images】
一塁で走者と交錯したドジャースのクレイトン・カーショー【写真:Getty Images】

ベースカバーで気迫のスライディング&タッチ、米ファン「なんて運動神経だ」

 米大リーグ・ドジャースのクレイトン・カーショー投手が27日(日本時間28日)、本拠地パイレーツ戦に先発し、7回1失点の好投で今季初勝利を挙げた。8三振を奪った快投もさることながら、2回に演じた“気迫のスライディングベースカバー”が話題に。MLBが動画付きで公開すると「なんて運動神経だ」と騒然とする一方で「こんなこと許されるのか」との声も上がっている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 米最強左腕が、魂を込めたスライディングだった。カーショーは0-0で迎えた2回2死無走者、レイノルズは一塁へのゴロを打たせ、マウンドから全速力でベースカバーに走った。捕球した一塁手マンシーからトスされようとしていたが、タイミングはギリギリに……。内野安打になるか。そう思った次の瞬間だった。

 ボールを受け取ると果敢に足からベースに向かってスライディング。しかも、その体勢のまま打者走者にタッチも試みた。激しく交錯する形となり、レイノルズは転倒してしまったが、判定はアウト。なんとしてもアウトを奪おうという気迫が溢れたシーンとなった。その証は土が激しくついた右足に見て取れた。

 MLB公式インスタグラムは代名詞のカーブで三振を奪ったシーンとともに「カーショーは何でもできる」とつづり、実際のシーンを公開。すると、米ファンも驚いた様子だ。

「プレーの後、相手が大丈夫か確認しているね。尊敬するよ」
「このアングルとカメラワークが好きだ」
「なんて運動神経だ」
「史上最高」
「ビデオゲームのようだ」

 コメント欄で喝采の声が上がる一方で「彼は一瞬、サッカーをプレーしていた」「こんなこと許されるのか」「彼は一体何をやっているんだ??」との批判的な声も上がっていた。しかし、それもすべては今季3登板目で待望の初勝利を目指すため。見事に7回1失点の好投で白星をもぎ取った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集