[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ドネアが“閃光の左”で6回KO勝ち 大会公式絶賛「圧倒的KOでヤングを止める」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝は27日(日本時間28日)、WBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)がステファン・ヤング(米国)を6回KOで下し、決勝進出を決めた。海外メディアは鮮烈な左で沈めた一撃を動画付きで公開し、大会公式も「圧倒的KO」と絶賛している。

ノニト・ドネア【写真:Getty Images】
ノニト・ドネア【写真:Getty Images】

左フックで沈める、決勝で井上尚弥と激突なるか

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝は27日(日本時間28日)、WBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)がステファン・ヤング(米国)を6回KOで下し、決勝進出を決めた。海外メディアは鮮烈な左で沈めた一撃を動画付きで公開し、大会公式も「圧倒的KO」と絶賛している。

【特集】「サッカーを楽しむ」は今も― “炎の守護神”が現役生活で教えられたこと / サッカー 川口能活氏(GROWINGへ)

「フィリピンの閃光」が、その異名通り、瞬く左でキャンバスに沈めた。6回終盤。ドネアは左のジャブから間合いを詰めると、相手の左を交わし、左フックを一閃。顎を捉えられたヤングはそのまま仰向けに倒れ、生気を失った表情で沈んだ。レフェリーが試合を止め、TKO勝ち。ドネアはコーナーに上がり、勝利を誇示した。

 決勝進出を決めた鮮烈な一撃を米スポーツ専門局「ESPNボクシング」公式ツイッターが動画付きで公開し、またWBSS公式ツイッターは「6回の圧倒的KOでヤングを止める。彼は続けることができなかった。ノニト・ドネアがバンタム級決勝へ!」と絶賛。海外ファンから「素晴らしい一撃でのフィニッシュ。素晴らしい左フックだった」との返信もあった。

 井上尚弥(大橋)は5月18日に行われるエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)との準決勝に勝てば、ドネアと対戦することになる。果たして、「The Monster」は「フィリピンの閃光」と相まみえることになるのか。大会はついにクライマックスだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集