[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

キリオス、驚愕の“股抜きウイナー”に再脚光 現地実況興奮「勘弁してくれよ」

テニスのマイアミ・オープン、男子シングルスはロジャー・フェデラー(スイス)が優勝。ツアー通算101勝目を飾った。一方でATP中継公式サイト「テニスTV」は今大会のベストショット5本を選出。圧倒的な支持を集めているのは、4回戦でニック・キリオス(オーストラリア)が披露した股抜きウイナーだ。敗れはしたが、観衆を魅了したスーパーショットに現地実況も「冗談だろう!?」「今までで最高の股抜きショットの一つだ」と絶賛だった。

ニック・キリオス【写真:Getty Images】
ニック・キリオス【写真:Getty Images】

テニスTVが大会ベストショット5本選出、ファンはキリオスを圧倒的支持

 テニスのマイアミ・オープン、男子シングルスはロジャー・フェデラー(スイス)が優勝。ツアー通算101勝目を飾った。一方でATP中継公式サイト「テニスTV」は今大会のベストショット5本を選出。圧倒的な支持を集めているのは、4回戦でニック・キリオス(オーストラリア)が披露した股抜きウイナーだ。敗れはしたが、観衆を魅了したスーパーショットに現地実況も「冗談だろう!?」「今までで最高の股抜きショットの一つだ」と絶賛だった。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 ボルナ・チョリッチ(クロアチア)との4回戦。“お騒がせ男”キリオスが放った1本のショットが再び脚光を浴びている。第1セットの第5ゲームだ。キリオスはネット際でお得意のノールックのボレーを繰り出すも、これはチョリッチに対角に返される。勝負あったかと思われた次の瞬間だ。

 逆サイドまで走り間一髪、追いつくと、そのまま股抜きで強烈なショットを打ち返した。これがチョリッチの脇を抜くウイナーに。抜群の身体能力を誇るキリオスにしか打てないような一打に場内は大歓声。スタンディングオベーションを送るファンの姿もあった。

 テニスTVの実況も大興奮だ。「オー、冗談だろう!? 勘弁してくれよニック・キリオス、尋常じゃないくらいいいショットだ!ショータイムだ」「今まで見てきた中で、最高のホットドッグ(股抜き)ショットの一つだ」と絶賛するほどだった。

 奇想天外なプレーで知られるキリオス。これまでも数多くのミラクルショットを放ってきたが、マイアミで決めた一打はファンの記憶に刻まれるものとなりそうだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集