[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

24歳新鋭が中堅から154キロ! 鬼肩レーザー送球に驚愕の声「彼の肩はクレイジー」

米大リーグ、アスレチックスの新鋭ラモン・ラウレアーノ外野手が鬼肩レーザー送球で観衆を魅了した。センター前の打球を処理するや、ホームへのノーバウンド送球で二塁走者を刺すシーンをMLBが公式インスタグラムで公開。ファンの喝采を浴びている。

ラモン・ロリアーノ【写真:Getty Images】
ラモン・ロリアーノ【写真:Getty Images】

アスレチックスのラウレアーノのレーザービームが話題

 米大リーグ、アスレチックスの新鋭ラモン・ラウレアーノ外野手が鬼肩レーザー送球で観衆を魅了した。センター前の打球を処理するや、ホームへのノーバウンド送球で二塁走者を刺すシーンをMLBが公式インスタグラムで公開。ファンの喝采を浴びている。

【特集】「日本全体にインパクトを」 代表主将が見据える日本ラグビー界の未来 / ラグビー リーチ・マイケル選手(GROWINGへ)

 メジャー定着2年目の24歳が圧巻の肩でうならせた。1日(日本時間2日)のレッドソックス戦。2回1死二塁の場面で、打者モアランドの打球が中前へ。これを深めに守っていたラウレアーノは猛チャージしながら捕球すると、そのまま本塁へノーバウンドで見事なストライク送球。本塁を狙った二塁走者のボガーツを間一髪のタイミングで刺してみせたのだ。

 MLBは「ラモン・ラウレアーノのキャノンが帰ってきた!」と題して動画を公開。これぞメジャーという鬼肩にファンは喝采を上げている。

「すでにシーズン中盤のフォームだな」
「スタットキャストでこのスローの球速ってわかる?」
「絶対にシーズン最高のスローだね」
「彼の肩はクレイジー」
「走者がセーフだったかどうかなんて関係なく、このスローは素晴らしい」
「モンスター」
「すげぇ」

 MLB公式サイトのデータ解析システム「スタットキャスト」によると、送球は96マイル(約154.5キロ)を計測、距離は270フィート(約82.3メートル)だった。

 ラウレアーノの好守にも助けられ、試合はアスレチックスが7-0で快勝している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
FIBAバスケットボールワールドカップ2019 日本代表戦・全試合ライブ中継
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集