[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦、魂の銀に“本家”プルシェンコ氏敬意「私の中では君が最高のスケーターだ」

フィギュアスケートの世界選手権は23日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)3位の羽生結弦(ANA)は自己ベストを大きく更新する206.10点、合計300.97点をマーク。銀メダルを獲得した。

銀メダルを獲得した羽生結弦【写真:AP】
銀メダルを獲得した羽生結弦【写真:AP】

4か月の故障明け、復活の舞いに労い「どれほど大変なことであったかが分かる」

 フィギュアスケートの世界選手権は23日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)3位の羽生結弦(ANA)は自己ベストを大きく更新する206.10点、合計300.97点をマーク。銀メダルを獲得した。直後のネイサン・チェン(米国)に抜かれたが、採点ルール変更後、世界初の300点超えを記録。右足首の故障明け、4か月ぶりの公式戦で演じた魂の4分間に対し、今季フリーの“本家”で羽生の憧れエフゲニー・プルシェンコ氏は「私の中では、君が最高のスケーターだと思っている」と労っている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 勝てはしなかった。しかし、王者の意地を見せた。羽生は右足首の故障明け、4か月ぶりの公式戦でほぼ完璧の4分間を披露。魂の熱演に反応したのが、“皇帝”プルシェンコ氏だった。

 自身のインスタグラムで「私の偉大な友人であるユヅ。あらゆる困難や故障を抱えていた。日本での世界選手権で本当に素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた。私にはどれほど大変なことであったかが分かる。私の中では、君が最高のスケーターだと思っている」とつづり、後輩に対して敬意と誇りを示した。

 今季、演じるフリーの「オリジン」はプルシェンコ氏がかつて演じた「ニジンスキーに捧ぐ」をオマージュしたもの。母国で見せた舞いは“本家”も認めさせるほどの美しさがあった。

(THE ANSWER編集部)

プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集