[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

イチローに「プレーを続けて欲しかった」 “愛弟子”が胸中吐露「彼は友達なんだ」

米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手が21日のアスレチックス戦を最後に現役引退を表明した。いくつもの伝説を築いた45歳の引退の衝撃は世界に広がっているが、イチローの愛弟子と言われたディー・ゴードン内野手が涙するシーンも感動を呼んだ。試合後にゴードンは「個人的には、彼にプレーを続けて欲しかった」と正直な胸中を明かしている。米紙が報じている。

ディー・ゴードン(左)とイチロー【写真:Getty Images】
ディー・ゴードン(左)とイチロー【写真:Getty Images】

イチローを師と仰ぐゴードン「彼は僕の一番好きな選手だったんだ」

 米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手が21日のアスレチックス戦を最後に現役引退を表明した。いくつもの伝説を築いた45歳の引退の衝撃は世界に広がっているが、イチローの愛弟子と言われたディー・ゴードン内野手が涙するシーンも感動を呼んだ。試合後にゴードンは「個人的には、彼にプレーを続けて欲しかった」と正直な胸中を明かしている。米紙が報じている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 8回に交代を告げられたイチローとハグを交わし、その際には大粒の涙を流していたゴードン。延長12回には決勝のホームを踏み、試合後にはお立ち台にも上がった。マーリンズ時代の2015年からイチローを師と仰ぐスピードスターの試合後の胸中を明かしているのは米紙「ワシントンポスト」だった。

 記事では「彼は寂しく思うだろう。そして、それは日本だけではない。マリナーズのチームメート、ディー・ゴードンはイチローがグラウンドを去った時、目に涙をためていた」とつづり、ゴードンのコメントを伝えている。

「個人的には、彼にプレーを続けて欲しかった。彼は友達なんだ。彼がいなくて寂しく思うだろうね。一緒にご飯を食べに行くオフの日も恋しく思うだろう。僕らの会話もそうだ。彼がいなくなるのが寂しいよ。初めて彼に会った日、僕はスターに魅せられたんだ。彼は僕の一番好きな選手だったんだ」

「続けて欲しかった」――。多くのファンの頭によぎったであろう、フレーズを率直に明かしたゴードン。“師匠”の引退に寂しさを募らせているようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集