[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦、94.87点で3位発進 首位チェンとは12点差、フリーで2017年の大逆転V再現へ

フィギュアスケートの世界選手権は21日、男子ショートプログラム(SP)が行われ、五輪連覇の羽生結弦(ANA)は冒頭のジャンプで失敗し、自己ベストに及ばない94.87点で3位。昨年11月のグランプリ(GP)シリーズロシア杯フリー以来124日ぶりの公式戦で大歓声を浴びた。宇野昌磨(トヨタ自動車)は91.40点だった。フリーは23日に行われる。

羽生結弦【写真:AP】
羽生結弦【写真:AP】

世界選手権男子SP、羽生は冒頭ジャンプ失敗が響く

 フィギュアスケートの世界選手権は21日、男子ショートプログラム(SP)が行われ、五輪連覇の羽生結弦(ANA)は冒頭のジャンプで失敗し、自己ベストに及ばない94.87点で3位。昨年11月のグランプリ(GP)シリーズロシア杯フリー以来124日ぶりの公式戦で大歓声を浴びた。連覇を狙うネイサン・チェン(米国)が107.40点で首位に立った。ジェイソン・ブラウン(米国)が96.81点で2位。宇野昌磨(トヨタ自動車)は91.40点で6位。フリーは23日に行われる。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 逆境を乗り越えた王者がリンクに帰還した。「秋によせて」に乗せて、魂を込めて滑った。冒頭の4回転サルコーは抜けてしまい0点に。続くトリプルアクセルは見事に決めた。後半の4回転トウループ―3回転トウループも美しく降りた。鮮やかなスピン、ステップで観衆を魅了した。

 66年ぶりに五輪連覇を成し遂げた絶対王者。今季もグランプリ(GP)シリーズ、フィンランド杯で297.12点の今季世界最高得点をマークして優勝。続くロシア杯でもショートプログラム(SP)で、自身がフィンランド杯で記録した得点を超える110.53点で首位発進を決めるも、フリーの前の練習で右足首を負傷。フリーでは患部に負担をかけない演技構成に急遽変更し、見事にGPシリーズ連勝を飾っていた。

 しかし、その後は12月のGPファイナル、全日本選手権を欠場。今大会が約4か月ぶりの復帰戦だった。

 2017年の世界選手権でもSPでミスが出て10.66点差の5位発進だったが、フリーでは圧巻のノーミス演技で逆転V。再現に期待がかかる。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集