[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ザギトワ、涙の圧巻演技に母国専門家は賛辞連発「女神のよう」「信じられないわ」

フィギュアスケートの世界選手権は20日、女子ショートプログラム(SP)が行われ、平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)がシーズンベストの82.08点で首位発進を決めた。今季はやや安定感を欠いたものの、大舞台で見事に女王の演技を見せたザギトワ。ロシアの要人たちも絶賛の嵐だ。

女子SPで首位発進を決めたザギトワ【写真:Getty Images】
女子SPで首位発進を決めたザギトワ【写真:Getty Images】

名伯楽タラソワ氏、五輪金メダリストらが大絶賛

 フィギュアスケートの世界選手権は20日、女子ショートプログラム(SP)が行われ、平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)がシーズンベストの82.08点で首位発進を決めた。今季はやや安定感を欠いたものの、大舞台で見事に女王の演技を見せたザギトワ。ロシアの要人たちも絶賛の嵐だ。

【特集】オリンピックは「5回くらい出たい」 “想像の先”を歩き続ける成長物語 / 卓球 張本智和選手(GROWINGへ)

 強い女王が帰ってきた。冒頭のルッツ―ループの連続3回転を美しく決めるなど全てのジャンプで加点。滑り終えると、感極まり涙も見せた。埼玉で今季最高のSPを見せた16歳を、ロシアの専門家たちも祝福している。ロシアのスポーツ紙「スポルトエクスプレス」が伝えている。

 国営放送の解説を務めた名コーチ、タチアナ・タラソワ氏は「幸せだわ! なんて連続ジャンプなの! 跳んだ、滑った、スピンした! 偉いわ! ありがとう、ありがとうアリンカ、素晴らしい滑りを見せてくれて! 彼女を祝福します。信じられない日だわ」と大興奮だったようだ。

 また、1988年のカルガリー五輪のアイスダンス金メダルのナタリア・ベステミアノワ氏も「アリーナは女神のようでした。彼女はファンタスティックに滑り切り、今日の演技で誰も彼女に近い者はいませんでした。彼女は明確に誰よりも良かった。うっとりさせるプログラムで、彼女は文字通り輝きました。ミラクルな滑りだった」と文句なしの演技に賛辞を連発している。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
GW世界最高峰のサッカーがDAZN独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集