[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

問題児ネリ、その強さは本物か 米専門メディアは「BOX界最も才能ある選手」と断言

 ボクシングのバンタム級10回戦(米アーリントン)は16日(日本時間17日)、前WBC世界バンタム級王者の同級1位ルイス・ネリ(メキシコ)が元IBF世界スーパーフライ級王者のマクジョー・アローヨ(プエルトリコ)に4回終了TKO勝ちを飾った。米メディアは「ボクシング界で最も才能ある選手の1人であることは明らか」と断言している。

ルイス・ネリ【写真:Getty Images】
ルイス・ネリ【写真:Getty Images】

元世界王者に4回TKO勝ち、お騒がせ男に高評価「ネリはいとも簡単にやってのけた」

 ボクシングのバンタム級10回戦(米アーリントン)は16日(日本時間17日)、前WBC世界バンタム級王者の同級1位ルイス・ネリ(メキシコ)が元IBF世界スーパーフライ級王者のマクジョー・アローヨ(プエルトリコ)に4回終了TKO勝ちを飾った。米デビュー戦で圧勝し、デビューからの連勝は「29」に。実に4度のダウンを奪ったシーンを米メディアが動画付きで公開し、「ボクシング界で最も才能ある選手の1人であることは明らか」と断言している。

 強さは本物だ。ネリが米デビュー戦で鮮烈なインパクトを残した。2回に左アッパーで1度目のダウンを奪うと、3回には連打からの左、4回にはロープ際の猛ラッシュで2度のダウンを奪い、ワンサイドゲームで4回終了TKO勝ち。デビューからの連勝を「29」に伸ばした。

 山中慎介(帝拳)戦の前日計量で体重超過を犯して“問題児”としてボクシング界に名は広まっていたが、母国のリングで見せた強さは確かなもの。高く評価しているのが、米ボクシング専門メディア「ボクシングニュース24」だった。「ルイス・ネリがマクジョー・アローヨを倒す」と題し、特集している。

 記事では「ネリがボクシング界で最も才能ある選手の1人であることは明らかだ」と断言。「1回途中までは平均的なボクサーのように見せかけ、突如として爆発的なコンビネーションを繰り出すと、敵にダメージを与えた」と様子を伺いながら、突如として牙を剥いた戦いぶりを称えた。

「それが、我々が今夜見た彼の戦い方だ。ネリはいとも簡単にやってのけ、アローヨにパンチを浴びせて倒した」とつづり、終始賛辞を並べていた。昨年末には井上尚弥(大橋)に対し、不敵に挑戦状を叩きつけていたネリ。ボクシング界を騒がせてきたが、その強さは目を見張るものがある。

(THE ANSWER編集部)

南米各国代表も、日本代表も、全試合DAZN独占

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
南米各国代表も、日本代表も、全試合DAZN独占 COPA AMERICA BRASIL 2019
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集