[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

小林陵侑が飛んだ! 快挙決めた“美しき1枚”に海外祝福殺到「凄いぞリョウユウ」

ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は、ノルウェー・オスロで個人第23戦が行われ、日本のエース小林陵侑(土屋ホーム)は127メートルと126メートルで5位に入り、5試合を残して日本男子初の個人総合優勝を確定させた。試合後にインスタグラムを更新。ジャンプ台から飛ぶ瞬間の1枚を公開すると、国内外のファンから祝福が殺到している。

小林陵侑【写真:Getty Images】
小林陵侑【写真:Getty Images】

インスタグラムを更新、「まだあまり実感が無い」と心境つづる

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は、ノルウェー・オスロで個人第23戦が行われ、日本のエース小林陵侑(土屋ホーム)は127メートルと126メートルで5位に入り、5試合を残して日本男子初の個人総合優勝を確定させた。試合後にインスタグラムを更新。ジャンプ台から飛ぶ瞬間の1枚を公開すると、国内外のファンから祝福が殺到している。

【特集】「サッカーを楽しむ」は今も― “炎の守護神”が現役生活で教えられたこと / サッカー 川口能活氏(GROWINGへ)

 今季23戦11勝と圧倒的な結果を残し、5試合を残して早々に日本男子初の個人総合Vの快挙を達成した小林陵は1枚の写真を公開している。

 ジャンプ台の横から撮られたショット。まさに飛ぶ瞬間を収めたものだ。夕日が沈みかける地平線へ向かうような美しき1枚。この写真に「ありがとうオスロ。今日は5位。そして個人総合優勝が決まりました(まだあまり実感が無い)笑 またすぐに予選と試合がやってくるので残りのシーズンも頑張ります」とつづり投稿した。

 日本の22歳が成し遂げた快挙に、国内外のファンからは続々と祝福がコメントが書き込まれている。

「あなたが歴史を作ったことを、とても誇りに思うわ。このレベルでできるだけ長くジャンプをし続けられることを祈ってる」
「やったね!!」
「おめでとう」
「ワールドチャンピオン、すごいぞリョウユウ!」
「とっても嬉しい!」
「ポーランドからおめでとう!」
「最高」

 日本のジャンプ史に歴史を刻んだ。ジャンプ週間でも史上3人目の完全Vを成し遂げている「リョウユウ・コバヤシ」の名は世界に轟いている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕! 徹底ライブ中継&見逃し配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集