[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

打倒・井上尚弥へ「500%で仕上げている」 ロドリゲスは超自信「負けは考えてない」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝(5月18日・グラスゴー)でWBA王者・井上尚弥(大橋)と対戦するIBF王者エマニエル・ロドリゲス(プエルトリコ)。圧倒的に有利とされるモンスター相手対策でキューバ合宿を一旦終え、「500%で仕上げている」と豪語。打倒井上に並々ならぬ自信を明かしている。

井上尚弥(左)とエマニエル・ロドリゲス【写真:Getty Images】
井上尚弥(左)とエマニエル・ロドリゲス【写真:Getty Images】

「5.17」決戦へ、キューバ合宿から一時帰国「最高の準備ができていた」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝(5月18日・グラスゴー)でWBA王者・井上尚弥(大橋)と対戦するIBF王者エマニエル・ロドリゲス(プエルトリコ)。圧倒的に有利とされるモンスター相手対策でキューバ合宿を一旦終え、「500%で仕上げている」と豪語。打倒井上に並々ならぬ自信を明かしている。米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 記事によると、キューバで強化合宿を進めていたロドリゲスはこのほど、プエルトリコに一時帰国。グラスゴー決戦までの最終調整に突入するという。

「キューバで最高の準備ができていた。プエルトリコでの合宿とは全く違った。ここでの合宿が悪いというわけではないが、もっと直接的な準備になったと思う。全く悔いはない」

 このように語り、手応えを隠さなかった無敗王者。第2次合宿の候補地はキューバの首都ハバナだが、ロサンゼルスやラスベガスの可能性もあるという。

 「(井上に)勝つには集中力が必要だ。キューバにいる時には集中できていた。戻るかわからないが、プエルトリコでは絶対にキャンプはしない。国外になる」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集