[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

悪童キリオス、ナダルへの“下からサーブ”が波紋 「敬意なし」「物議醸す挙動」

男子テニス世界ランク2位のラファエル・ナダル(スペイン)は2月27日(日本時間28日)のメキシコ・オープン2回戦で同72位のニック・キリオス(オーストラリア)と対戦し、6-3、6-7、6-7で敗れた。アンダーサーブという奇襲攻撃やブーイングを浴びせる観衆を煽るなど、“悪童”全開のプレーに、海外メディアは「バッドボーイ、キリオスがブーイングを受ける」「物議を醸す挙動」と報じている。

ナダル(左)とキリオス(右)【写真:Getty Images】
ナダル(左)とキリオス(右)【写真:Getty Images】

ナダルを相手に繰り出したアンダーサーブが「敬意を欠く」と海外批判

 男子テニス世界ランク2位のラファエル・ナダル(スペイン)は2月27日(日本時間28日)のメキシコ・オープン2回戦で同72位のニック・キリオス(オーストラリア)と対戦し、6-3、6-7、6-7で敗れた。アンダーサーブという奇襲攻撃やブーイングを浴びせる観衆を煽るなど、“悪童”全開のプレーに、海外メディアは「バッドボーイ、キリオスがブーイングを受ける」「物議を醸す挙動」と報じている。

【特集】「あとはここの波を究めるだけ」全てを知り尽くした海で狙うメダルへの道 / サーフィン 大原洋人選手(GROWINGへ)

 アカプルコのアリーナが騒然としたのは第3セットの第6ゲームだった。サービスゲームでアドバンテージを手にしたキリオスはいきなり奇策に出た。ベースラインから遠く構えるナダルのポジションを確認すると、突如下からサーブの奇襲攻撃。想定外のアンダーサーブに慌ててナダルはダッシュ。わずかにフォルトになったが、キリオスに対して観衆はブーイングを浴びせた。

 このレジェンドに対する奇策は各国で報道。英地元紙「デイリー・エクスプレス」は「ニック・キリオスがメキシコ・オープンのラファエル・ナダル戦勝利で、物議を醸す挙動を見せる」と特集している。

 悪童として名高いキリオスの奇襲攻撃について、「バッドボーイ、キリオスは試合中にブーイングを受けた」「厚かましくも下からサーブを繰り出し、ナダルを出し抜こうとしたが、外れた」と伝えている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集