[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

小平奈緒、第二の故郷で総合V 流暢オランダ語で歓喜「言葉にならないくらい嬉しい」

スピードスケート世界スプリント選手権は24日、オランダのヘーレンフェーンで最終日を行い、平昌五輪の金メダリスト小平奈緒(相沢病院)が2年ぶり2度目の総合優勝を飾った。高木美帆(日体大助手)が2位で、日本勢のワンツーフィニッシュ。小平は地元局のインタビューで流ちょうなオランダ語を披露。「言葉にならないくらいうれしい」と喜びを爆発させている。

小平奈緒【写真:Getty Images】
小平奈緒【写真:Getty Images】

現地テレビ局のインタビューで流暢なオランダ語を披露

 スピードスケート世界スプリント選手権は24日、オランダのヘーレンフェーンで最終日を行い、平昌五輪の金メダリスト小平奈緒(相沢病院)が2年ぶり2度目の総合優勝を飾った。高木美帆(日体大助手)が2位で、日本勢のワンツーフィニッシュ。小平は地元局のインタビューで流暢なオランダ語を披露。「言葉にならないくらいうれしい」と喜びを爆発させている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 初日首位の小平は最終日も500メートルで1位、1000メートルは3位で逃げ切った。優勝を決めた小平は、オランダのテレビ局「NOS」のインタビューに登場。流暢な現地語でこう振り返っている。

 2度目の優勝については「4本の結果に満足している。これは私の夢だった。ティアフで優勝する、ヘーレンフェーンで。スケート大国で」と語り、第2の故郷ともいうべきオランダでの優勝に感無量の様子だった。「言葉にできない。とにかく嬉しい」とも続けた。
 
 また、週末に自身が滑った4本についても振り返り、「500m2本は私が勝った。1000mは難しかったけど、自分自身を保ち、そこまで悪いレースをしなかったから優勝することができた」と勝因を分析していた。

 高木とのワンツーフィニッシュについては、「日本チームとしては素晴らしいこと。でも彼女はまだ来週世界オールラウンドがあるので彼女の応援をする」とも語った。

 スケート大国オランダでも人気を誇る小平。2週前の世界距離別選手権では500メートルの連勝が38でストップしたが、再び絶対女王ぶりを高らかにアピールした。

1 2
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集