[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渡邊雄太、10得点で米メディアにもインパクト「キャリアハイを記録」

米プロバスケットボール(NBA)グリズリーズの渡邊雄太は7日(日本時間8日)のサンダー戦の第1クオーター(Q)から出場し、自己最長となる計26分46秒プレー。日本人選手史上最多となる10得点、5リバウンド、1アシスト、1スティールを記録した。NBAは第1Qに背中を通す巧みなドリブルで、「コースト・トゥ・コースト」を決めるシーンを動画つきで速報していたが、米メディアも渡邊に脚光を浴びせている。

自身初の2ケタ得点を記録した渡邊【写真:AP】
自身初の2ケタ得点を記録した渡邊【写真:AP】

日本人初の2桁得点をマークした渡邊に米メディアも注目

 米プロバスケットボール(NBA)グリズリーズの渡邊雄太は7日(日本時間8日)のサンダー戦の第1クオーター(Q)から出場し、自己最長となる計26分46秒プレー。日本人選手史上最多となる10得点、5リバウンド、1アシスト、1スティールを記録した。NBAは第1Qに背中を通す巧みなドリブルで、「コースト・トゥ・コースト」を決めるシーンを動画つきで速報していたが、米メディアも渡邊に脚光を浴びせている。

【特集】一瞬で恋に落ちた新体操、その魅力「1回見たら好きになってもらえる」 / 新体操・畠山愛理さんインタビュー(GROWINGへ)

 渡邊は第1Q、残り3分58秒の場面。相手のシュートを阻止したところからの速攻。自陣でボールを受けた渡邊は、巧みに背中を通すドリブルも披露しながら、敵陣まで進入。相手に守備をさせず、レイアップでリングに通した。技術が凝縮された価値ある得点。前節に引き続き応援に訪れていた両親の前で結果を残した。

 見事なコースト・トゥ・コーストを決めるシーンに米ファンは喝さいを上げていたが、米放送局「CBSスポーツ」電子版も渡邊の活躍にフォーカスしている。

「グリズリーズのユウタ・ワタナベが敗れた木曜日の一戦で10得点を記録する」と題した記事を展開。本文では渡邊のスタッツに触れた上で、「足首の怪我の可能性があったが、結局健康な状態で送り出された」とレポートしている。

 グリズリーズの出場選手が8人しかいなかったことにも触れ、「結果的にワタナベは10回目の出場機会を得て、キャリアハイの得点とリバウンドと出場時間数を記録した」と活躍ぶりを称えている。

 米メディアからも注目を集め始めた渡邊。偉大な日本人の挑戦を現地も熱い視線を送っているようだ。

(THE ANSWER編集部)

ダゾーンなら、サッカーも野球もテニスも全部見放題

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1、J2、J3「全試合中継」ダゾーン独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集