[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

紀平梨花、金メダルへ米記者が掲げるポイント「両プログラムで落ち着けるかだけ」

フィギュアスケートの四大陸選手権は7日(日本時間8日)、米アナハイムで開幕を迎える。女子シングルには昨年GPファイナルを制覇した紀平梨花(関大KFSC)、全日本女王の坂本花織、同4位の三原舞依(ともにシスメックス)が参戦。日本勢の表彰台独占も期待される中で、米メディアは紀平を本命視。坂本とのワンツーフィニッシュを予想している。

紀平梨花【写真:Getty Images】
紀平梨花【写真:Getty Images】

米名物記者がプレビュー、紀平をV候補本命に

 フィギュアスケートの四大陸選手権は7日(日本時間8日)、米アナハイムで開幕を迎える。女子シングルには昨年GPファイナルを制覇した紀平梨花(関大KFSC)、全日本女王の坂本花織、同4位の三原舞依(ともにシスメックス)が参戦。日本勢の表彰台独占も期待される中で、米メディアは紀平を本命視。坂本とのワンツーフィニッシュを予想している。

【特集】「風を切る音が心地良くて」 最強レーサーが車いす陸上に魅了された理由 / 車いす陸上 佐藤友祈選手(GROWINGへ)

 間もなく開幕する四大陸女王決定戦。日本勢にとってライバルのロシア勢が不在ならば、表彰台の頂点は譲れない。米国のジャッキー・ウォン記者のブログメディア「ロッカースケーティング」でも「米国で日本が表彰台独占か?」と見出しを付け、プレビューを行っている。

 堂々のV候補に指名しているのはリカ・キヒラだ。ウォン記者はこう寸評をつけている。

「キヒラにとって全日本選手権は逆転勝ちの類だったが、道を踏み外したショートプログラムの後、何とか落ち着き世界選手権の枠を回収した」とショートプログラム5位から巻き返し、最高得点を叩き出すも準Vだった全日本選手権に言及した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
伝統の一戦、今年はダゾーンで! 徹底ライブ中継&見逃し配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集