[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

13歳リウの最年少V 抜かれた“元祖天才少女”も絶賛「彼女は米女子スケートの未来」

フィギュアスケートの全米選手権は25日(日本時間26日)、女子フリーでショートプログラム(SP)2位の13歳アリサ・リウが143.62点をマークし、合計217.51点で逆転優勝。史上最年少女王誕生となったが、従来の記録を持っていた“元祖天才少女”タラ・リピンスキーも「記録は破られるためにあるもの」「彼女は米国女子スケートの未来です」と絶賛している。

全米選手権で大会史上最年少女王となったアリサ・リウ【写真:Getty Images】
全米選手権で大会史上最年少女王となったアリサ・リウ【写真:Getty Images】

14歳Vの記録を持っていたリピンスキーも賛辞「記録は破られるためにある」

 フィギュアスケートの全米選手権は25日(日本時間26日)、女子フリーでショートプログラム(SP)2位の13歳アリサ・リウが143.62点をマークし、合計217.51点で逆転優勝。史上最年少女王誕生となったが、従来の記録を持っていた“元祖天才少女”タラ・リピンスキーも「記録は破られるためにあるもの」「彼女は米国女子スケートの未来です」と絶賛している。

【特集】歴史を作った“侍パドラー”がカヌーに捧げた人生「もっと広まって欲しい」 / カヌー・羽根田卓也選手インタビュー(GROWINGへ)

 スケート大国の一つ、米国のフィギュア界に名を刻んだ。リウは3回転アクセル2本を組み込み、圧巻の演技を披露した。キス・アンド・クライで143.62点が表示させると、口をあんぐりとさせ、驚きを抑え切れない様子。やがて嬉し涙がこぼれ、等身大の表情をのぞかせたが、歴史的快挙を果たした13歳を“前記録保持者”も絶賛した。

 AP通信によると、97年に14歳で優勝し、従来の最年少記録保持者となっていたリピンスキーは「記録は破られるためにあるもの。彼女にそうしてもらってとても光栄です。なんて驚異的な才能でしょう」と語ったという。

 自身のツイッターでも「記録は破られるためにあるもので、アリサが破ってくれたことにこれ以上なく興奮しています。なんという才能でしょう!」と13歳に向け、賛辞を並べた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
BNPパリバ・オープン、ダゾーン独占中継
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集