[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみは9年ぶり年少、一方のクビトバは最年長で… 勝者が世界ランク1位に

テニスの4大大会・全豪オープンは24日、女子シングルス準決勝で世界ランク4位の大坂なおみ(日清食品)が同8位のカロリナ・プリスコバ(チェコ)に、フルセットの末に勝利。激闘を制して、日本勢初の決勝進出を決めた。頂点を争う相手は過去にウィンブルドンを2度制している世界ランク6位ペトラ・クビトバ(チェコ)。勝てば共に世界ランク1位に上り詰める。

決勝進出を決めた大坂なおみ(左)とペトラ・クビトバ【写真:Getty Images】
決勝進出を決めた大坂なおみ(左)とペトラ・クビトバ【写真:Getty Images】

WTA公式ブログが両者の年齢に脚光

 テニスの4大大会・全豪オープンは24日、女子シングルス準決勝で世界ランク4位の大坂なおみ(日清食品)が同8位のカロリナ・プリスコバ(チェコ)に、フルセットの末に勝利。激闘を制して、日本勢初の決勝進出を決めた。頂点を争う相手は過去にウィンブルドンを2度制している世界ランク6位ペトラ・クビトバ(チェコ)。勝てば共に世界ランク1位に上り詰める。

【特集】一瞬で恋に落ちた新体操、その魅力「1回見たら好きになってもらえる」 / 新体操・畠山愛理さんインタビュー(GROWINGへ)

 いよいよ目前に迫った決勝。大坂は全米オープンに続くグランドスラム連覇をかけて、クビトバは自身3度目のビッグタイトルを目指してコートに立つことになる。

 2017年の10月から1位を守ってきたシモナ・ハレプ(ルーマニア)の陥落が決定。1年3か月ぶりに新女王が誕生することになるが、WTA公式ブログ「WTAインサイダー」公式ツイッターはそれぞれが戴冠した場合の年齢のデータを紹介している。

 21歳の大坂が勝てば、2010年に20歳で1位になったキャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)以降で、最も若くして女子世界一の選手になる。一方で28歳のクビトバが優勝して新女王となると、1968年のオープン化以降では史上最年長で初めてNO1の座に就くこととなる。

 21歳の新星と、選手生命の危機から復活して再び世界一を狙う28歳の強豪。ある意味、対照的な両者の激突。どちらに軍配が上がるのか、決戦の時は近い。

(THE ANSWER編集部)

ダゾーンなら、サッカーも野球もテニスも全部見放題

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1、J2、J3「全試合中継」ダゾーン独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集