[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織×ジョコ、今夜も見られるか “25秒の壮絶ラリー”に海外脚光「これは劇的だ!」

テニスの4大大会・全豪オープンは23日、男子シングルス準々決勝で世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)と同9位の錦織圭(日清食品)が対戦する。日本の期待を背負う錦織は14連敗中の天敵に雪辱なるか、熱視線が集まっているが、ATP公式中継サイト「テニスTV」も注目の一戦に脚光。過去の対戦で生まれた壮絶ラリーを動画付きで公開し、「錦織に失うものはない」「ラリー最高峰の対決」「今のジョコに勝てれば優勝さ」と決戦を前にムードを盛り上げている。

錦織圭、ノバク・ジョコビッチ【写真:Getty Images】
錦織圭、ノバク・ジョコビッチ【写真:Getty Images】

3年前の対戦で生まれた名場面をテニスTVが公開「勝つのはジョコ?錦織?」

 テニスの4大大会・全豪オープンは23日、男子シングルス準々決勝で世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)と同9位の錦織圭(日清食品)が対戦する。日本の期待を背負う錦織は14連敗中の天敵に雪辱なるか、熱視線が集まっているが、ATP公式中継サイト「テニスTV」も注目の一戦に脚光。過去の対戦で生まれた壮絶ラリーを動画付きで公開し、「錦織に失うものはない」「ラリー最高峰の対決」「今のジョコに勝てれば優勝さ」と決戦を前にムードを盛り上げている。

【特集】一瞬で恋に落ちた新体操、その魅力「1回見たら好きになってもらえる」 / 新体操・畠山愛理さんインタビュー(GROWINGへ)

 今日もこんな場面が生まれるのか。テニスTVがスポットライトを当てたのは2016年マドリード・オープン準決勝だった。

 錦織から始まったサービス。主導権を握ったのはジョコビッチだ。これでもかとばかりに左右に打ち分け、錦織を走らせる。しかし、当時26歳の日本のエースも赤土の上を走り回り、拾いまくる。ジョコビッチは左右がダメなら今度は前後に揺さぶり、ネット際にドロップショットを落とすが、これも錦織が信じられないスプリントで追いつく。

 一打ごとに騒然となる会場。しかし、25秒間にわたる17本の応酬の末に最後は錦織のスマッシュで決着させた。割れんばかりの歓声が響き、壮絶なプレーを演じた2人に喝采が降り注いだ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1、J2、J3「全試合中継」ダゾーン独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集