[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

激高カレノブスタ、「本当に申し訳ない」と謝罪も…審判への主張曲げず「理解できない」

テニスの4大大会・全豪オープンは21日、男子シングルス4回戦で世界ランク9位の錦織圭(日清食品)が同23位パブロ・カレノブスタ(スペイン)に6-7、4-6、7-6、6-4、7-6で大逆転勝ち。5時間5分の死闘を制し、2016年大会以来、自身4度目の8強進出を決めた。一方で波紋を呼んでいるのは、最終セットのタイブレークの場面での審判の判断を巡るあるシーンだ。カレノブスタは激高し、主審に詰め寄りまくし立てた。結局このプレーをきっかけに錦織が逆転。怒りの冷めやらないカレノブスタはラケットバッグをたたきつけて、悔しがった。感情を爆発させたカレノブスタは試合後に謝罪している。母国紙が報じている。

錦織(左)にフルセットの末に敗れたカレノブスタ【写真:Getty Images】
錦織(左)にフルセットの末に敗れたカレノブスタ【写真:Getty Images】

カレノブスタは最終セットの激高を反省

 テニスの4大大会・全豪オープンは21日、男子シングルス4回戦で世界ランク9位の錦織圭(日清食品)が同23位パブロ・カレノブスタ(スペイン)に6-7、4-6、7-6、6-4、7-6で大逆転勝ち。5時間5分の死闘を制し、2016年大会以来、自身4度目の8強進出を決めた。一方で波紋を呼んでいるのは、最終セットのタイブレークの場面での審判の判断を巡るあるシーンだ。カレノブスタは激高し、主審に詰め寄りまくし立てた。結局このプレーをきっかけに錦織が逆転。怒りの冷めやらないカレノブスタはラケットバッグをたたきつけて、悔しがった。感情を爆発させたカレノブスタは試合後に謝罪している。母国紙が報じている。

【特集】「サッカーを楽しむ」は今も― “炎の守護神”が現役生活で教えられたこと / サッカー 川口能活氏(GROWINGへ)

 10ポイントタイブレークの8-5とリードした場面。カレノブスタのショットはネットの上部に当たって弾み、線上に落ちた。線審はアウトの判定。だがぎりぎりのタイミングだったため、錦織はリターンした。

 この場面では、すでにプレーをやめていたカレノブスタはポイントをやり直すべきだと主張したが、そのままウイナーを叩き込んでいた錦織のポイントが認められた。スペインの27歳はここから4連続でポイントを失い敗戦。コートを出る瞬間まで怒りは収まらない様子だった。

 スペイン紙「As」は試合後のカレノブスタのコメントを伝えている。

「とても悲しい。5時間もの戦いの後の自分のコートからの去り方は、適切なものではなかったからだ。本当に申し訳ない。これだけいい戦いをしていたのに、全豪オープンを去らなければいけないことに傷つき、理性を失ってしまった。コートを出る時の態度を謝りたい。早く退場しようと思ったのだが、とんでもない失態をしてまった。許して欲しい」

 こう語り自らの振る舞いについては謝罪。一方で審判の判断については最後まで疑問を呈していた。

「ボールはニシコリが触る前に出ていた。なのに、なぜ審判は彼にポイントを与えたのか理解できない。はっきりとしているのなら、なぜホークアイ(電子審判テクノロジー)を見なければならなかった? キャリアの中でベストの一つに入る戦いだったから、このような形で終わることになりとても悲しい。ちょっと落ち着いて、明日また会いましょう」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集