[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

塩谷司、閃光のミドル弾は「華々しい一撃」 UAEメディア絶賛「ヒーローとなった」

サッカーアジア杯に参戦中の日本代表は17日、ウズベキスタンに2-1で逆転勝ち。1次リーグF組を3戦全勝で1位通過した。殊勲の勝ち越し弾を決めたのが、DF塩谷司(アルアイン)だ。同点の後半13分、こぼれ球に反応し、エリア外から左足で強烈なミドルシュートを叩き込んだ。勝利に導いたスーパーゴールを自身のインスタグラムで動画で公開。現地メディアも続々と称賛を送っている。

ウズベキスタン戦で決勝ゴールを挙げた塩谷【写真:Getty Images】
ウズベキスタン戦で決勝ゴールを挙げた塩谷【写真:Getty Images】

美しいミドルシュートを突き刺した塩谷に集まる注目

 サッカーアジア杯に参戦中の日本代表は17日、ウズベキスタンに2-1で逆転勝ち。1次リーグF組を3戦全勝で1位通過した。殊勲の勝ち越し弾を決めたのが、DF塩谷司(アルアイン)だ。同点の後半13分、こぼれ球に反応し、エリア外から左足で強烈なミドルシュートを叩き込んだ。勝利に導いたスーパーゴールを自身のインスタグラムで動画で公開。現地メディアも続々と称賛を送っている。

【特集】希代の名スキーヤーが第二の人生を“スキーの未来作り”に捧げた理由 / アルペンスキー・皆川賢太郎氏インタビュー(GROWINGへ)

 まさに閃光のようなゴールだった。1-1の後半13分、エリア外の中央にいた塩谷のもとにこぼれ球が。迷いなく左足を振り抜いた。糸を引くような軌道がゴールの右隅へ。これぞゴラッソ。衝撃的な勝ち越し弾だった。

 味方から祝福され笑顔を浮かべる塩谷。慣れ親しんだUAE・アルアインのピッチで、代表初ゴールを突き刺した。広島時代に森保監督のもとでプレー。今回は追加召集だったが、初先発で指揮官の期待にしっかりと応えてみせた。

 DFながら攻撃力も売り。この日はボランチでの出場だったが、攻撃面で最高の輝きを放った塩谷を現地メディアも絶賛の嵐だった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1、J2、J3「全試合中継」ダゾーン独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集