[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、米リング誌選出の「KO・オブ・ザ・イヤー」&「年間MVP」で5人の最終候補に

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級トーナメントで準決勝進出を決めたWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)。バンタム級転向初年度の2018年は世界王者相手に2戦合計でわずか182秒でKO勝ちという衝撃的な強さを見せつける中、ボクシングの「聖書」と呼ばれる米誌「リング」では2018年度の年間最優秀ファイターの最終候補に堂々のノミネートを果たしている。父親の真吾氏も最優秀トレーナー候補に選出されており、井上家が2018年の世界ボクシング界の主役と言えそうだ。

WBA世界バンタム級王者・井上尚弥【写真:Getty Images】
WBA世界バンタム級王者・井上尚弥【写真:Getty Images】

リング誌の年間アワード、10のカテゴリーの主要3部門で“井上家”がノミネート

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級で準決勝進出を決めたWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)。バンタム級転向初年度は世界王者相手に2戦合計でわずか182秒でKO勝ちという衝撃的な強さを見せつけ、ボクシングの「聖書」と呼ばれる米誌「リング」は2018年度の年間最優秀ファイターの最終候補に堂々のノミネートを果たしている。父・真吾氏も最優秀トレーナー候補に選出されており、井上家が2018年の世界ボクシング界の主役と言えそうだ。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 ボクシング界で最も権威を持つリング誌の年間アワードは1928年創設という歴史を誇り、最大級の栄誉とされている。

 そして、10のカテゴリーの主要3部門で「INOUE」の名前がノミネートされている。まず年間最優秀選手に相当する「ファイター・オブ・ザ・イヤー」で井上は最終候補5人に堂々の選出を果たしている。

 井上は今季バンタム級転向初戦、5月のジェイミー・マクドネル(英国)とタイトルマッチを行った。10年間無敗だった王者マクドネルを112秒で倒すと、10月のWBSS初戦でフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)という難敵をたった一度のワンツーで仕留めた。わずか70秒で元WBAスーパー王者にキャリア初のKO負けを突きつけていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集