[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【名珍場面2018】大谷翔平、“神様撃ち”2戦連発に米衝撃「この男は現実か?」「新人王を今あげろ」

2018年も、残り1週間を切った。様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2018」。今回は米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手。全米を沸かせたメジャー1号の翌日、2017年のサイ・ヤング賞右腕コーリー・クルーバーから放った衝撃的な一発だ。MLB公式ツイッターが動画付きで紹介すると、米ファンから「この男は現実か?」「新人王を今あげろ」「こいつは史上最高」などと驚愕が再び広がった。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

「スポーツ界の名珍場面総集編」―4月、サイ・ヤング賞右腕から衝撃的な一発で米ファンを虜に

 2018年も、残り1週間を切った。様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2018」。今回は米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手。全米を沸かせたメジャー1号の翌日、2017年のサイ・ヤング賞右腕コーリー・クルーバーから放った衝撃的な一発だ。MLB公式ツイッターが動画付きで紹介すると、米ファンから「この男は現実か?」「新人王を今あげろ」「こいつは史上最高」などと驚愕が再び広がった。

【特集】「サッカーを楽しむ」は今も― “炎の守護神”が現役生活で教えられたこと / サッカー 川口能活氏(GROWINGへ)

 間違いなく本物だ――。大谷の能力を誰もが確信した。4月4日(日本時間5日)の本拠地インディアンス戦。連日の衝撃が走ったのは、5回だった。2死二塁、大谷は昨季18勝を挙げ、サイ・ヤング賞を獲得した右腕クルーバーと対峙した。外角直球を強振。中堅方向に放たれた打球はぐんぐん伸びていった。そして、背走した中堅手が懸命にグラブを伸ばしてジャンプしたが、白球はその上を行き、中堅左のフェンスを越えた。

 瞬く間にスタジアムはお祭り騒ぎだ。しかし、大谷は前日と同様にヘルメットを押さえながらクールにダイヤモンドを一周。ただ、この日はベンチに戻ると前日の「サイレント・トリートメント」から一転、ナインが一斉に雄叫びを上げ、ハイタッチで出迎えた。次々と抱擁を交わし、大谷からも思わず笑みがこぼれた。

 全米を驚愕させた前夜のメジャー1号から2戦連発。しかも、この日の相手は2度サイ・ヤング賞を受賞したバリバリのメジャー一流投手だ。カブスのダルビッシュ有投手は「大谷がまたホームラン! しかも神様クルーバーから」と自身のブログで驚嘆の声を上げるほど、価値は高いものだった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集