[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

23歳細田采花、涙の会心3Aに海外脚光 米記者賛辞「出ました! ホソダの美しい3A」

フィギュアスケートの日本選手権は坂本花織(シスメックス)が152.36点で合計228.01点をマーク。逆転で初優勝を飾り、紀平梨花(関大KFSC)が155.01点、合計223.76点で2位、ショートプログラム(SP)1位の宮原知子(関大)は146.58点、合計223.34点で3位。上位4人までが220点を超えるハイレベル決戦で幕を閉じた。表彰台争いの一方で、注目を集めているのが23歳細田采花(関大)だ。2度トリプルアクセルに成功し、自己ベストを大幅に更新する185.74点で8位フィニッシュ。米記者は拍手を送っている。

3Aを2本成功させ、8位に入った細田采花【写真:Getty Images】
3Aを2本成功させ、8位に入った細田采花【写真:Getty Images】

2度大技に成功しスタンディングオベーションを浴びた細田に海外も脚光

 フィギュアスケートの日本選手権は坂本花織(シスメックス)が152.36点で合計228.01点をマーク。逆転で初優勝を飾り、紀平梨花(関大KFSC)が155.01点、合計223.76点で2位、ショートプログラム(SP)1位の宮原知子(関大)は146.58点、合計223.34点で3位。上位4人までが220点を超えるハイレベル決戦で幕を閉じた。表彰台争いの一方で注目を集めているのが、23歳細田采花(関大)だ。2度トリプルアクセルに成功し、自己ベストを大幅に更新する185.74点で8位フィニッシュ。米記者は拍手を送っている。

【特集】歴史を作った“侍パドラー”がカヌーに捧げた人生「もっと広まって欲しい」 / カヌー・羽根田卓也選手インタビュー(GROWINGへ)

 細田が会場を大いに沸かせた。演技の冒頭だ。前向きに踏み切ると、鋭く回転。見事にトリプルアクセルを降り、2回転トウループのコンビネーションジャンプを成功。大歓声を浴びると、続くトリプルアクセルも美しく決め、全7本のジャンプをクリーンに着氷させた。ノーミス演技でスタンディングオベーションを浴びると、思わず涙をにじませた。

 冒頭のトリプルアクセルを見事に着氷させるシーンに、米名物コラムニスト、ジャッキー・ウォン氏が自身のツイッターで言及。「出ました! アヤカ・ホソダの美しいトリプルアクセル」と脚光を浴びせると、海外ファンからは「ロシアの女子選手が4回転を決めれば、日本の女子選手はトリプルアクセル。フリーがエキサイティングになってきた」「男子の4回転成功に驚愕していた頃を思えば、毎シーズンこれほど競技レベルが進化していくのはクレージー」「ビューティフル・アクセル!」となど続々と称賛のコメントがつけられていた。

 中には「彼女が引退するつもりだったことを考えたら、そうしなかったことに神に感謝。こんなに美しいトリプルアクセルを決めるのだから」という声も。細田は2016-17シーズンに現役から退く予定だったが、トリプルアクセルを習得し、リンクに立ち続ける道を選んだという。TES(技術点)71.29点は宮原(71.49点)と遜色ない好記録。紀平や宮原と同門の23歳もまた、格別な輝きを放っていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
BNPパリバ・オープン、ダゾーン独占中継
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集