[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

怪童・張本智和の下剋上 水谷隼も完敗認める「彼のためにも自分が強くならないと」

卓球の世界選手権(デュッセルドルフ)は1日、男子シングルス2回戦で史上最年少の13歳で日本代表入りした張本智和(エリートアカデミー)がリオデジャネイロ五輪銅メダルの27歳、水谷隼(木下グループ)を4-1で撃破した。日本の天才少年が世界の舞台で下剋上を達成。大金星を献上した水谷は完敗を認め、「彼のために自分がさらに強くならないと」と自身のツイッターで思いをつづった。

日本のエースが13歳に大金星献上…素直に称賛「終始圧倒され良いとこなく敗戦」

 卓球の世界選手権(デュッセルドルフ)は1日、男子シングルス2回戦で史上最年少の13歳で日本代表入りした張本智和(エリートアカデミー)がリオデジャネイロ五輪銅メダルの27歳、水谷隼(木下グループ)を4-1で撃破した。日本の天才少年が世界の舞台で下剋上を達成。大金星を献上した水谷は完敗を認め、「彼のために自分がさらに強くならないと」と自身のツイッターで思いをつづった。

 日本の卓球界にとって、歴史的な瞬間がドイツの地で訪れた。13歳の未来のエースが、27歳の現在のエースを撃破した。

 水谷は立ち上がりから張本の猛攻を受けた。第1ゲームから3連続でゲームを奪われた。第4ゲームを取って一矢報いたが、第5ゲームも流れを変えられず、完敗した。

 試合に敗れると、歓喜のガッツポーズを繰り出した13歳に自ら右手を差し伸べ、がっちりと握手。肩を叩いて健闘を称え、コートを去った。

 国際卓球連盟(ITTF)は「13歳が衝撃的な番狂わせを演じた」と公式ツイッターで速報し、動画付きで下剋上の瞬間を紹介。世界に驚きを与えた張本に対し、水谷も素直に完敗を認めた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1、J2、J3「全試合中継」ダゾーン独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集