[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

紀平梨花、“無欠の世界一”に欧州実況席も感服「この日本人はまさに震撼させた」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは8日(日本時間9日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の紀平梨花(関大KFSC)が150.61点、合計233.12点で優勝。浅田真央以来、日本勢13年ぶりとなるシニア1年目のファイナル制覇を達成した。欧州で中継した衛星放送「ユーロスポーツ」は「なんてパフォーマンスなんだ」と絶賛している。

シニア1年目のファイナル制覇を達成した紀平梨花【写真:Getty Images】
シニア1年目のファイナル制覇を達成した紀平梨花【写真:Getty Images】

大手衛星放送「ユーロスポーツ」も絶賛「なんてパフォーマンスなんだ」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは8日(日本時間9日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の紀平梨花(関大KFSC)が150.61点、合計233.12点で優勝。浅田真央以来、日本勢13年ぶりとなるシニア1年目のファイナル制覇を達成した。欧州で中継した衛星放送「ユーロスポーツ」は「なんてパフォーマンスなんだ」と絶賛している。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 最終滑走となった紀平がリンクに登場すると、欧州の大手衛星放送「ユーロスポーツ」の実況も期待感を込め、言葉を繋いだ。

「まだ16歳ですが、SPで世界新記録を樹立しました。ザギトワ相手に十分な得点差を持っています。もちろん、彼女のフリーにはトリプルアクセルが2つも入っています。驚くべき、リカ・キヒラです。曲はビューティフル・ストーム」

 雷鳴とともに鳴り響くピアノの調べとともに演技が始まった。冒頭の3回転アクセルの着氷で手を突いた際は「ノー」と思わずため息。しかし、そこからエンジン全開だ。

 演技終盤の3回転ルッツ―3回転トウループのコンビネーションでは「まさに雷鳴です。トウループはあまりの素早さでしたよ」と解説が絶賛した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集