[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

紀平梨花が快挙! 233.12点で真央以来13年ぶりシニア1年目V ザギトワに勝った

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは8日(日本時間9日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の紀平梨花(関大KFSC)が150.61点、合計233.12点で優勝。浅田真央以来、日本勢13年ぶりとなるシニア1年目のファイナル制覇を達成した。SP2位の平昌五輪女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)は148.60点、合計226.23点で2位だった。

紀平梨花【写真:Getty Images】
紀平梨花【写真:Getty Images】

GPファイナル女子で紀平が優勝

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは8日(日本時間9日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の紀平梨花(関大KFSC)が150.61点、合計233.12点で優勝。浅田真央以来、日本勢13年ぶりとなるシニア1年目のファイナル制覇を達成した。SP2位の平昌五輪女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)は148.60点、合計226.23点で2位だった。坂本花織(シスメックス)は合計211.68点で4位、宮原知子(関大)は合計201.31点で6位だった。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 日本の超新星が快挙をやってのけた。フリーナンバー「Beautiful Storm」に乗せた紀平は冒頭の3回転アクセルで手をつくミス。しかし、3回転アクセル―2回転トウループを綺麗に決めると、3回転ループも立て続けに着氷させた。中盤、キレのあるステップ、スピンを見せると、中盤以降も3回転ルッツ―3回転トウループなど、コンビネーションも含め、ジャンプを着実に決めた。

 滑り終えると、日の丸が揺れる観衆から大歓声が降り注ぎ、ほっとしたような安堵の表情。浜田コーチと抱き合い、労われた。

 紀平は今季がシニア1年目。代名詞の3回転アクセルを武器にしてGPシリーズ連勝で一躍、脚光を集めてファイナルに駒を進めると、6日(日本時間7日)のSPでは新採点方式でザギトワを上回り、世界最高得点となる82.51点をマーク。世界に衝撃を与えていたが、16歳は勢いそのままに一気に頂点まで駆け上がった。

 紀平の2人前に登場したザギトワは前半の3回転のコンビネーションジャンプの2つ目が抜け、以降は大きなミスなくまとめたが、連覇はならなかった。

【GPファイナル女子結果】

紀平梨花(日本)233.12点
アリーナ・ザギトワ(ロシア)226.53点
エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)215.32点
坂本花織(日本)211.68点
ソフィア・サモドゥロワ(ロシア)204.33点
宮原知子(日本)201.31点

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集