[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宇野昌磨、手をつくミスも踏ん張って2位発進! 首位チェンとの差はわずか1.32点

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルが6日(日本時間7日)開幕。男子シングルのショートプログラム(SP)では平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨(トヨタ自動車)が91.67点で2位。ライバルのネイサン・チェン(米国)は92.99点で首位に立った。

宇野昌磨【写真:Getty Images】
宇野昌磨【写真:Getty Images】

宇野は2位、ライバル・チェンとの差はわずか1.32点

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルが6日(日本時間7日)開幕。男子シングルのショートプログラム(SP)では平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨(トヨタ自動車)が91.67点で2位。ライバルのネイサン・チェン(米国)は92.99点で首位に立った。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 宇野は冒頭の4回転フリップで手をついてしまうミス。続くコンビネーションは4回転-2回転のトウループとなったが着氷。最後のトリプルアクセルはきっちりと決めた。ステップやスピンでは確実に加点した。91.67点でチェンには1.32点差の2位につけた。

 チェンは冒頭のトリプルアクセル、続く4回転フリップは完璧だったが、最後のコンビネーションで失敗。単発のジャンプとなってしまった。演技後は苦笑いを浮かべたが、92.99点はシーズンベストだった。

 両者の差はわずか。3位以下も差はなく、7日(日本時間8日)のフリーでは逆転劇も起こりそうだ。

【男子SP順位】
1位 ネイサン・チェン(米国) 92.99点
2位 宇野昌磨(日本) 91.67点
3位 ミハル・ブレジナ(チェコ) 89.21点
4位 チャ・ジュンファン(韓国) 89.07点
5位 セルゲイ・ヴォロノフ(ロシア)82.96点
6位 キーガン・メッシング(カナダ)79.56点

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集