[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

15歳コストルナヤ、圧巻演技でSP首位発進! 76.32点はシニア含め今季2番目の快記録

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルが6日(日本時間7日)開幕。ジュニア女子ショートプログラム(SP)では完璧な演技を披露したアリョーナ・コストルナヤ(ロシア)が76.32点で首位。14歳アレクサンドラ・トルソワ(ロシア)も74.43点と高得点をマークし、2位につけた。アリョーナ・カニシェワ(ロシア)が68.66点で3位。アンナ・シェルバコワ(ロシア)が56.26点で6位と出遅れた。

アリョーナ・コストルナヤ【写真:Getty Images】
アリョーナ・コストルナヤ【写真:Getty Images】

ジュニア女子―コストルナヤがノーミス演技で首位発進、トルソワは僅差の2位

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルが6日(日本時間7日)開幕。ジュニア女子ショートプログラム(SP)では完璧な演技を披露したアリョーナ・コストルナヤ(ロシア)が76.32点で首位。14歳アレクサンドラ・トルソワ(ロシア)も74.43点と高得点をマークし、2位につけた。アリョーナ・カニシェワ(ロシア)が68.66点で3位。アンナ・シェルバコワ(ロシア)は56.26点で6位と出遅れた。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 最後に登場したコストルナヤが完璧なスタートを切った。冒頭のダブルアクセルを完璧に決めると、続く3回転フリップ、後半のルッツ、トウループの連続3回転も見事に降りた。大歓声を浴びながら、笑顔を浮かべた15歳の美少女。シーズンベストを更新する見事な演技だった。76.32点はシニアを含めても、ロステレコム杯のSPでアリーナ・ザギトワ(ロシア)が記録した80.78点に次ぐ今季2番目の快記録だ

 コストルナヤの前で滑ったトルソワも、「キルビル」の旋律に乗せて力強く舞った。3本のジャンプをきっちり決めて74.43点。自己ベストの74.74点にはわずかに及ばなかったが、キス・アンド・クライではホッとした表情を浮かべていた。

 一騎打ちの様相を呈するフリーでは再び異次元の争いが展開されそうだ。芸術性の高いコストルナヤに対して、トルソワは男子を含めても過去に類のない4回転ルッツ―3回転ループを練習で決めている。フリーでは現状の4回転ジャンプの最高峰の4回転ルッツ2本を含む、4回転3本を予定。衝撃的な演技に期待が集まりそうだ。

【ジュニア女子SP順位】
1位 アリョーナ・コストルナヤ 76.32点
2位 アレクサンドラ・トルソワ 74.43点
3位 アリョーナ・カニシェワ 68.66点
4位 キム・イェリム  62.51点
5位 アナスタシア・タラカノワ 61.78点
6位 アンナ・シェルバコワ 56.26点

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集